多数の新作や技術系プロジェクトを含むTencent Gamesの「SPARK 2022」イベント情報が国内向けにアナウンス

2022年6月28日 10:08 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Tencent」

本日、Tencent Gamesの国内向けのプレスリリースを発行し、同社が昨晩深圳市で実施したオンライン発表会「SPARK 2022」のハイライトを国内向けにアナウンスしました。

金庸の著名なる武侠小説シリーズをビデオゲーム化する“Code: To Jin Yon”やAge of Empiresの中国市場向けモバイルゲーム“Return to Empire”を含む新作や高品質なクラウドゲーミングエンジン“START ENGINE”のデモンストレーションに関するディテールを含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

参考:UE5を採用する“Code: To Jin Yon”のトレーラー

Tencent Gamesが「SPARK 2022」発表会を開催『League of Legends Esports Manager』、『Return to Empire』、『Code: to Jin Yong』など、新作ゲームおよびゲーム関連技術を活用する協力プロジェクトについて発表

~40 を超える製品とプロジェクトからゲームテックの価値を探る~

Tencent Games は、昨日 6 月 27 日 20 時(現地中国時間)より中国広東省深圳市で、Tencent Games「SPARK 2022」の発表会を開催しました。発表会では、中国市場向けの 44 の製品とプロジェクトを紹介したほか、Tencent Games のゲーム関連技術を文化的、産業的、および科学的研究に活用する複数のプロジェクトも紹介しました。

中国のハイテク都市・深圳市から配信されたこのバーチャル発表会で、テンセントのシニア・バイス・プレジデント、スティーブン・マーは、ゲーム開発から生まれたクロスオーバー技術のますます高まる重要性と利点を強調し、ゲーマーがリアルとオンラインが融合した世界、いわゆる「ハイパーデジタルリアリティ」をも体感し始めている、と語りました。

Tencent の NExT Studios が制作を手がけたスティーブン・マーの次世代型ハイファイデジタル分身は、続いて以下のように述べました。

「ゲーム業界は、単独で発展することはできません。誕生以来、ゲーム業界は常に最先端技術と互いに、そして共生的に発展し、一連の独自な技術力を蓄積してきました。技術の絶え間ない進歩と理解の深化に伴い、ゲームはさらに大きな技術的ブレークスルーと豊かな価値を生み出しながら、経済発展と社会生活の両面でより重要な役割を果たすようになるだろう。」

新作ゲーム発表について

今年の「SPARK 2022」発表会では、新作・既存作の 26 タイトルのゲームに関する発表を行いましたが、その中でも『League of Legends Esports Manager』、『Return to Empire』、『Code: to Jin Yong』など、代表的な 3 タイトルをご紹介します。

『League of Legends Esports Manager』

『League of Legends Esports Manager』は、League of Legends トーナメントの公式モバイルゲームです。テンセントゲームズは、中国市場でのオープン β テストを 7 月に実施することを発表しました。

『Return to Empire』

『Return to Empire』は、TiMi Studio Group が Xbox Game Studios と提携して中国市場向けに開発した、ストラテジーベースのモバイルゲームです。Age of Empires IP のクラシックな要素を統合し、625 平方キロメートルの 3D 戦場でより自由度の高いゲームプレイが展開されます。

戦場にいる軍隊は、自由に編成・組み合わせることができ、直感に合わせて戦略の調整も可能です。『Return to Empire』は、攻守両面で古典的な攻城戦を新たに創造し、急速に変化する戦場がプレイヤーのチャレンジ精神を刺激します。これにより、プレイヤーは従来の戦略を超えて、それぞれの状況ならではの戦術的な可能性を開拓することができます。

『Code: To Jin Yong』

LightSpeed Studios が開発した『Code: To Jin Yong』は、Unreal Engine 5 を使用しています。このゲームは、著名小説家である Jin Yong(中国語表記:金庸)が執筆し、Ming Ho Publications が出版した高い評価を得ている武侠小説シリーズを元にしています。Jin Yong の武侠世界の伝説的な英雄たちを主役とする初の Unreal Engine 5 オープンワールド・ゲームとして、『Code: To Jin Yong』は近日中に世界中のプレイヤーに向けてリリースされる予定です。広大かつ壮大な武術の世界を自由に探索することができる本作にぜひご期待ください。

高度なリアルタイム 3D 制作ツール Unreal Engine 5 の力により、Jin Yong の傑作に登場するYang Guo(楊過)、Qiao Feng(喬峯)、Linghu Chong(令狐冲)などのヒーローがデジタル世界でよみがえります。同時に、ゲームエンジンの物理システムを活用し、壮大な武術テクニックを再現することが可能です。また写真測量技術が、没入感のあるゲーム体験を提供します。「Jin Yong Wuxia Landmarks」と題した本プロジェクトでは、今後さらに多くのパートナーが参加し、武術アトラクションのデジタル化を推進することで、武術の文化を促進し続けることでしょう。

発表会ではさらに、クラウドゲーミングテクノロジーソリューションである「START ENGINE」が初となるデモ、『EVOLUTION』を披露しました。デモ内では、プレイヤーが恐竜の時代へと誘われます。超微細なディテールまでを捉えた恐竜や叢林は、まるで実際にその場にいるようにリアルに感じられ、ネイティブなクラウドゲーム技術が自然とマルチプレイのシンクロをサポートします。

「START ENGINE」の開発チームは、ネイティブなクラウドゲーム技術の開発に焦点をあてており、全く新しいゲーム体験をエンドユーザーに提供することを目指しています。「START ENGINE」は今後、グローバルなゲーム制作スタジオやインディーゲーム開発者、映画製作者などと繋がり、様々な可能性を模索することで、共に新たなリアル世界を築くことを期待しています。

Game Tech 協力プロジェクトについて

テンセントゲームズは、ゲーム関連技術、すなわち「ゲームテック」を科学研究、文化遺産、産業応用など他の分野にどのように応用してきたかについても紹介しました。

文化遺産

テンセントゲームズは、プログラムコンテンツ生成技術(PCG)、物理ベースレンダリング技術(PBR)、クラウドゲーム、バーチャルアバターなどのゲーム技術を使って、万里の長城や敦煌文献、北京市中心部の建築物といった世界遺産のデジタル保護と復元をサポートしています。これらの世界遺産を鮮やかな物語として作り上げたことで、多くの人々が背後にある歴史と文化をより説得力のあるビジュアルで理解できるようにしました。

「Tencent」

産業分野

テンセントゲームズとテンセントクラウドは、世界最大級の鉄鋼メーカーである中国宝鋼集団と協力し、リアルタイム・クラウド・レンダリング、モーションキャプチャー、リアル・バーチャルインタラクション、AR/VR などのゲームテックを応用し、上海の宝鋼製鉄所にある熱間圧延機(HSM 1580)を仮想空間に複製した「デジタルツイン」の作成と、現物どおりに複製した 3D デジタル工場の生成に成功しました。このパートナーシップは、テンセントのゲームテックを製鉄過程の様々なシナリオ(業界のデジタライゼーション、データ各種の照合、運営と分析、リアルタイムシミュレーションおよびインタラクション等)に初めて織り込み、製造効率を改善し、エネルギー効率を上げ、環境に配慮することで、よりスマートな産業製造を促進します。

また、テンセントは中国南方航空の子会社である珠海飛行訓練センターと共同で、中国初のフルフライトシミュレーター(FFS)を開発・構築しています。共同開発される映像システムには、ゲームのグラフィックレンダリングや物理的シミュレーション技術が使用されます。ゲームに広く使われているリアルタイムシミュレーション技術を利用することで、驚くほどリアルで、常に変化する仮想環境を迅速に構築することができます。

「Tencent」
「Tencent」

科学研究

テンセントゲームズは、中国科学院高能物理研究所の CATCH(Chasing All Transients Constellation Hunters)プログラムへの参加も表明しました。CATCH プログラムでは、マルチエージェント強化学習のアルゴリズムが100 を超える衛星を知的に連携させ、極限宇宙を観察させるという、業界最先端とも言えるテンセントゲームズの AI テクノロジーを活用します。

また、ゲームのノンプレイヤブルキャラクター(NPC)を動かす技術も活用し、さまざまな状況に適応するロボットの自律的な判断力を向上させています。この技術の進歩は、将来的に人を対象とした高齢者介護やサービス業などの用途に活路を開くことに繋がると見ています。

「Tencent」

Tencent Games について

Tencent Games は業界をリードするゲーム開発、パブリッシング、運営のグローバルなプラットフォームで、世界中のゲームプレイヤーに高品質なインタラクティブ・エンターテインメントを届けることを目的としています。現在 140 以上のゲーム(自社開発・ライセンス)が 200 以上の国や地域で提供されており、数億人のユーザーに向けてクロスプラットフォームのインタラクティブ・エンターテインメント体験を届けています。「アリーナ・オブ・ヴァラー」、「PUBG MOBILE」、「Call of Duty Mobile」、「リーグ・オブ・レジェンド」などは世界で人気を博している Tencent Games の人気タイトルとなります。

Tencent について

Tencent は、世界中の人々の生活の質を高めるために、革新的な製品やサービスを開発し提供するインターネットとテクノロジーの会社です。1988 年に中国の深圳市で設立された Tencent は、テクノロジーを善に使用することを方針としており、提供するサービスは世界の 10 億を越える人々を繋いでいます。ビデオゲームやデジタルコンテンツ配信などのインタラクティブなエンターテインメント体験をユーザーに提供するほか、クラウド・コンピューティングや広告、フィンテックなど DX を支え、事業の成長を促進する企業向けの幅広いサービスも提供しています。Tencent は 2004 年より香港証券取引所に上場しています。

情報元及びイメージ:プレスリリース

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.