傑作“ディスコ エリジウム”を生んだ「ZA/UM」が新たな世界の構築に向けたSci-Fi/宇宙好きのアーティスト募集を開始

2022年8月1日 12:00 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Disco Elysium」

傑作“Disco Elysium”でビデオゲーム史に残る成功を収め、日本語版“ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット”の発売を控える「ZA/UM」ですが、前代未聞の偉業を果たしたスタジオの動向に注目が集まるなか、新たに“ZA/UM”が数ポジションの開発者募集を開始し、Sci-Fiや宇宙の要素を持つ新たな作品世界の準備を進めているのではないかと注目を集めています。

これは、ZA/UMが公式サイトで開始した環境コンセプトアーティストの募集から浮上したもので、サマリーには新たな世界を想像する役割のなかで、Sci-Fiや宇宙を愛し、天と地に哲学が夢見る以上のものが存在していることを理解する人材を求めている旨に加え、地球外環境や構造物の作成、建築・都市計画に関する理解と知識に関する言及も確認できます。

また、リード環境アーティストの募集には、Unreal Engine 5の使用が記載されているほか、プロモーションやDLC、ライブサービス等を視野に入れたセールス/収益化の専門家募集も進められています。

今のところ、ZA/UMの新作に関する詳細は不明ですが、スタジオとDisco Elysiumの父Robert Kurvitz氏は予てからエリジウム世界のさらなる拡張に強い意欲を見せており、Disco Elysiumのスキルシステムを利用するシナリオや思考キャビネットの拡張等に言及していたほか、Disco Elysiumが(第2回の特集でもご紹介した通り20年近い歳月を費やし構築してきた)8000年の歴史を持つ巨大なエリジウム世界のごく小さな一区画しか再現していないことから、マルティネーズ以外の地区(氏は特にジャムロック区に関するアイデアが存在することを明言していた)や世界の歴史、多数の民族、インスリンデ以外の島を紹介したいと伝えており、新たなユニバースとは記されていない次回作の舞台が再びエリジウム世界を描く作品になる可能性は十分にあるといえ、スタジオの動向に改めて大きな注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:PC Gamer

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.