続報:スミソニアン博物館での開催が迫る「アート・オブ・ビデオゲーム」の新たなイベント情報が判明

2012年1月18日 18:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「アート・オブ・ビデオゲーム」

2009年に行われたアナウンスから続報をお届けしているアメリカを代表する博物館の1つ“スミソニアン博物館”にて開催される「アート・オブ・ビデオゲーム」展、この展覧会はビデオゲームをアートの1種と捉え、Atari VCS世代からPS3とXbox 360、Wiiなど現世代までを世代別に整理し、80タイトルの展示から体系的にビデオゲームの歴史を振り返る極めて興味深いイベントとなっており、2012年3月16日のイベント開始がいよいよ目前に迫りつつあります。

本日そんなアート・オブ・ビデオゲームのイベントに関する新しい情報が発表され、展覧会が幕を閉じる9月30日以降は地方都市を対象にした周遊展が順次開催されることが明らかになりました。なお周遊展の開催地としてボカラトン、シアトル、ヨンカーズ、メンフィスなどが予定されており、今後開催地が追加される可能性もあるとのこと。

さらに、アート・オブ・ビデオゲーム展の開始に併せたイベント“GameFest!”の開催も発表、3日間に渡って開催されるパネルディスカッションの初日にはビデオゲームの父ノーラン・ブッシュネル氏が登壇し、かつてのビデオゲームを振り返る講演が行われます。

また、神秘的な新作「Journey」の開発でもお馴染みthatgamecompanyのRobin Hunicke氏も“It’s All in the Design”(すべてがデザインの中に在る)と題したパネルディスカッションで登壇、アート面で高い評価を受ける同スタジオのゲームデザインについて1時間に渡る講演を行うとのこと。

加えて2日目にはとかく駄作珍作が溢れるビデオゲームを取り扱った映画作品において、最高のビデオゲーム映画であるドキュメンタリー作品“The King of Kong: A Fistful of Quarters”の上映も行われ、まさにビデオゲームの祭典!に相応しい燃える企画が用意されています。(※ The King of Kong: A Fistful of Quartersはお馴染みミスタードンキコングことBilly MitchellとドンキーコングスターSteve Wiebeの姿を描いた作品)

情報元:Shacknews

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.