様々な仕込みやARG的展開で話題を集める「Black Ops 2」の新マーケティングキャンペーンを展開したプロダクションが判明

2012年5月4日 18:22 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Black Ops 2」

遂に正式発表を迎え好調なスタートを切った「Call of Duty: Black Ops 2」ですが、今作も前作同様大がかりなARG的展開を含むバイラルマーケティングが進められており、ティザーサイトで展開された数々の仕込みと思わせ振りな予告は、世界中のファンが抱いていた予想を大きく裏切り、一気に2025年まで時代をすっとばす超展開とサプライズを見事に演出し、初動に十分なインパクトを与えることに成功しました。

前作Call of Duty: Black Opsで展開されたARGプロモーションは当サイトの暗号解読連載でもご紹介している通り、通常想定されるアーリーアダプター層をさらに先鋭化させ1点に絞り込むような排他性の高いもので、その層すら振り切る勢いで長期展開を続けた後に待っていた本編の謎はBlack Opsを通常のAAAブロックバスタータイトルとは全く異なるカルト的な作品に仕上げたと言えます。

そんな前作Black Opsのプロモーション展開と本編の内容は、表層向けのアウトプットと、熱心なファン向けのカルト的なアウトプットをほぼ分断した状態で進めており、ある意味購買層のレイヤーが明確に分化されていました。

そういった状況で、公式サイトとARGプロモーションを含むバイラルマーケティングがほとんど交差しなかった前作Black Opsに対し、今回のCall of Duty: Black Ops 2プロモーションは公式のティザー段階から暗号や示唆に満ちた展開を統合しており、前作のカルト的な要素を表舞台に向けはっきりと提示し、それぞれの謎が翌日にはある程度の解決を見る足の速い(※ リズム感も良い)展開を導入することで、より多くのファンをサプライズの当事者として参加させました。(※ 先ほどのニールセン報告からもその成果が窺える)

前置きが長くなりましたが、本日GamesindustryがCall of Duty: Black Ops 2のマーケティングキャンペーンに関するActivisionと広告会社の提携を報告し、前述した新キャンペーンやドキュメンタリー風のプロモーション映像の製作を、多くのビデオゲーム広告を手掛ける“The Ant Farm”と、数々の先進的なプロモーションで知られるプロダクション“72andSunny”が担当していることが明らかになりました。

Black Ops 2キャンペーンのテーマ“The Future is Black”に基づいて展開された両社のプロモーションは、クアドローターの姿を映像で紹介したFPS Russia氏(※ 現実の銃器を紹介する氏のチャンネルはYoutubeで7番目の視聴回数記録を持つ)のYoutube映像やそのBuzzから仕込まれたもので、クアドローター映像は公開から48時間で500万再生を超え、現在は830万再生に迫る規模となっています。

ActivisionのCMOを務めるTim Ellis氏によると、このFPS Russia氏によるクアドローター紹介映像は、この後に公開されることになる国際政治学者P・W・シンガーと政治評論家オリバー・ノースが語るドキュメンタリー風映像と併せて、Call of Duty: Black Ops 2が描くフィクションの妥当性を強化する為のもので、Treyarchが提示するCall of Dutyの新しいビジョンを実証するゲームプレイトレーラーが十分に作用するために必要なステップだったとの見解を示しています。

また、P・W・シンガーとオリバー・ノースが登場したドキュメンタリー風映像は、アフガニスタンで死亡した1人の兵士に纏わるアメリカ軍の情報隠蔽を描いたドキュメンタリー映画“The Tillman Story”など、数々のドキュメンタリー作品で知られるAmir Bar-Lev監督が手掛けたもので、本編トレーラーのTreyarchらしいぼんくら感とは対象的に、淡々とした静かなテンションによってローンチトレーラーのコントラストをより強いものにしました。

既に内外で話題となっているプレオーダー規模の好調は、一見リスクが高いと感じられる今回のプロモーションが十分な効果を上げたことを示唆しており、今後も展開が続くThe Ant Farmと72andSunnyによる新しいマーケティングキャンペーンは、3年連続でエンターテインメント分野のセールス記録を自ら更新するCoDシリーズの開拓とイノベーションを担うビジネス的な側面からも興味深い事象の1つだと言えそうです。

なお、72andSunnyのクリエイティブオフィサーGlenn Cole氏は今回のマーケティング展開について、Call of Duty: Black Ops 2のストーリーラインが、消費者にどのように自ら新しい情報を発見させ、未知の領域へと踏み込ませるかを提示する大きな機会だと語り、新作のプロモーションが成功したフランチャイズを基盤としていると同時に、一般的な“普通”とは完全に異なる何かを示すにわかに信じがたい感覚を覚えるものだとの見解を明らかにしています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.