噂:「Thief 4」のCGIトレーラーと思われる映像の一部が流出、その他開発状況に関する新情報も

2012年6月14日 10:28 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Thief 4」

既に存在はっきりと明言されているものの、なかなか正式なアナウンスが行われない状況が続いているEidosモントリオール開発によるシリーズ最新作「Thief 4」ですが、本日イギリスのプロダクションDouble Negativeでライティングアーティストを務めるEric Wong氏のデモリールからThief 4のCGIトレーラーの一部と思われる映像が発掘され話題となっています。

これは、お馴染みSuperannuation氏が発掘したもので、どうやらEric Wong氏がかつて在籍していたGoldtooth Creative(※ Deus Ex: Human RevolutionやSleeping Dogs、Prototype 2の映像制作で知られる)が制作を手掛けたものらしく、昨年10月に流出したストーリーボードの内容と一致するシーンや、今年2月のCGIトレーラーが完成したという噂も併せ、この映像が本物である可能性は非常に高いと言えそうです。

なお、Superannuation氏の発掘作業から開発状況に関する以下の様な情報が明らかになっています。

  • Thief 4の開発期間はDeus Ex: Human Revolutionよりも長く、約4年が費やされている
  • オーディオディレクター兼コンポーザーを務めたPaul Wier氏がEidos Montrealを退社
  • リードレベルデザイナーを務めたAdam Alim氏が先月ワーナーのモントリオールスタジオへ移籍
  • 前リードレベルデザイナーのPierre-Olivier Clement氏がEidos Montrealの別プロジェクトに移動
  • 2人のコンセプトアーティスト、シニアテクニカルレベルデザイナー、シニアアニメーター、シニアレベルデザイナーがそれぞれEidos Montrealを退社
  • GoldtoothによるThief 4のCGI映像は2011年前半頃に制作された模様で、一時2011年12月に公開の予定があった
  • レベルデザイナーを務めるFabien Morisson氏が“最後のレベルをデザインした”との発言を行った(※ 未確認情報)

この大規模な開発スタッフの移動が何を意味するのか、海外では何かトラブルがあったのではないかとの憶測も囁かれており、来る正式アナウンスと続報が待たれるところです。

情報元:Gaming Everything

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.