NINのトレント・レズナーがシリーズ最新作「Call of Duty: Black Ops 2」のテーマソングを担当

2012年7月10日 23:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

「トレント・レズナー」Halo 4のニール・ダヴィッジ起用や、先日報じられたポール・マッカートニーのBungie新作への参加など、AAA級の超大作における大物ミュージシャンの起用が続いていますが、今度はなんとナイン・インチ・ネイルズのフロントマンとしてだけでなく、映画“ソーシャル・ネットワーク”でアカデミー作曲賞を受賞し、フィンチャーの新作“ドラゴン・タトゥーの女”のコンポーザーも務めた人気ミュージシャン、トレント・レズナーが「Call of Duty: Black Ops 2」のテーマソングを担当することが明らかになりました。

これは本日USA Todayが公開したトレント・レズナーのインタビューから明らかになったもので、既にギターとベース、ドラムからなる3ピースのアグレッシブでロックなメインテーマの作曲を終えたとのこと。

レズナーはアメリカと中国の新しい冷戦を背景に描く新作が、多くの迷いや不安、怒りの感覚に満ちた作品だと語っており、熱心で愛国的な内容は意味を成さなかったと述べ、Call of Duty: Black Ops 2のメインテーマは重苦しく感じられる楽曲でなければならなかったと振り返っています。

また、USA Todayの報告からはメインテーマ以外の楽曲はMass Effect 2のコンポーザーとして知られるJack Wall氏が担当していることも判明しています。

余談ですが、今回のインタビューにはレズナーが自宅やスタジオにほとんどのハードを揃える熱心なゲーマーであることが記されており、Diablo IIIやThe Elder Scrolls V: Skyrimをプレイしていること、一時期Heavy Rainに夢中だったことなどに加え、ほとんどのCall of Dutyタイトルをプレイした大のCoDファンであることも強調されています。

さらに、今後の音楽活動についても少しばかり触れており、次の作品が奥さんであるMariqueen Maandigとアッティカ・ロスとの新バンド“How to Destroy Angels”のアルバムであることに加え、2008年以降アルバムのリリースが途絶えている(※ 2009年には終了宣言も)ナイン・インチ・ネイルズの活動にも言及、「今はちょうど計画の段階にある」と新曲の製作が進められていることを示唆しました。

情報元:USA Today

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.