都市部エリアも登場する「The War Z」の新たなプレイ映像が公開、ハンズオンプレビューから判明した新情報も

2012年9月22日 15:49 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The War Z」

スタンドアロン化も決まったArma 2の人気MOD“Day Z”に似たシステムとハードコアなゲーム性に注目を集めるHammerpointのゾンビMMO新作「The War Z」ですが、昨晩新たにPC GamerShacknewsがハンズオンプレビューを公開し、多くのプレイディテールと高層ビル街も登場する新たなプレイ映像が登場しました。

今回はプレイヤー間の関係やプライベートインスタンス、戦闘システム、初期装備等に関するアルファ版のディテールを含むハンズオン情報と2本の映像を併せてご紹介します。

先日ご紹介した湖岸エリアのプレイ映像、バリケードの設置などが確認できる
都市部でのプレイ、他のプレイヤーにメッセージを残す様子が収録されている
  • 今回のハンズオンは160平方kmの広さを持つ“コロラド”エリアが舞台となった。(※ “コロラド”は“The War Z”における最初の舞台として登場することが記されているが他のエリアが存在するのか現在のところ不明。アナウンス当初は200~400平方kmが舞台となると報じられていた。ちなみにArma 2のChelnarsが約225平方km。)
  • プレイヤーはエリアを安全で社会的な入植地を作り上げるまえにゾンビを一掃する必要がある。
  • 一旦僻地を一掃したプレイヤーは、フレンドやクランで利用可能な安全な入植地の構築が可能となる。
  • クランを作成したあるテスターは、プレイヤーのスポーンポイント周辺を木製のバリケードで囲んだアリーナを作成し、数人のゾンビをここに誘導。アリーナで生き残ったプレイヤーをクランに迎えるといったアイデアを発揮していた。
  • The War Zのゲームプレイは2つの側面を持つ。1つは舞台を調査して物資を調達するスカベンジャー的な要素、もう1つは他プレイヤーとのソーシャルな相互関係にある。
  • ミッションの遂行において他プレイヤーと協力することが可能だが、プレイヤーキルが可能な本作では人間がゾンビと同じ程度の危険を内包する存在となる。
  • プレイヤーには飢えと喉の渇きを示すメーターが個別に用意されている。これらは徐々に減っていくためプレイヤーは定期的に食料と飲み物を口にする必要がある。
  • プレイヤーは5人のキャラクターを作成可能。この5人のインベントリにはキャラクター間でアイテムを共有可能なグローバルなスロットが存在する。しかし、このグローバルスロットにアクセス出来るのは安全な入植地のみに制限されている。
  • ゾンビを完全に無力化するのはヘッドショットのみ。
  • アルファビルドではゾンビとの戦闘から走って逃走することが容易だったが、最終版では持久力の要素が実装され走る距離に制限が設けられることからさほど有用ではなくなる。
  • 経験値を取得することによるレベリング要素が存在するが、これはより大きなバックパックやスキル、新しいキャラクターモデルなど、利用可能なギアのアンロックに用いられる。
  • インゲームの取引に利用可能な通貨には通常の貨幣の他、まれに登場する特別なゾンビを倒した際に入手の可能性がある金のコインが存在する。
  • アルファビルドでキャラクターを作成した際の初期装備品は以下。
    • 包帯
    • 375mlのペットボトルに満たされた飲料水
    • 抗生物質
    • オートミール
    • 照明弾
    • フラッシュライト
  • マップは“M”キーで利用可能。
  • 武器用のアタッチメントは製品版では非常にレアなアイテムとなる。
  • 水や食料といった消耗品はインベントリから右クリックで使用可能。
  • Battlefield 3などでも見られる弾丸の飛距離による落下要素が存在する。
  • 上記の映像にも登場したビルが並ぶ都市部はコロラドエリアの一部として登場する。
  • プレイヤーのログアウト及びゲームの終了はサーバ内で10秒のタイマーが用意されていることから、危険をゲーム終了により回避することはできない。
  • The War Zにはレンタル可能なプライベート用のインスタンス(※ 森のキャビン、農場、崖っぷちに存在する小さな町、他のプレイヤーを招待可能な列車置き場など)が用意されている。プレイヤーは月数ドルでこれを購入することが可能。これらの拠点はプレイヤーやクラン用のハウスとして機能する。
  • このハウジングにはテンキーを利用した暗証番号の設定によりロック可能なオプションも用意されている。これを利用して暗証番号を知るプレイヤーだけだ利用可能な空間を作ることが可能。
「The War Z」
「The War Z」
「The War Z」
情報元及びイメージ:Shacknews, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.