Homeworld最新作を生んだBlackbirdがNASAと提携した「Project Eagle」を発表、火星のコロニーを描くインタラクティブコンテンツ

2017年2月21日 18:14 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「 Project Eagle」

今年1月上旬に黒い戦闘機を描いたティーザーイメージを公開し、未発表の新作開発を進めているのではないかと噂された“Homeworld: Deserts of Kharak”のデベロッパ“Blackbird Interactive”ですが、来る新作の続報が待たれるなか、BlackbirdがNASAのJPL(ジェット推進研究所)と提携した新プロジェクト「Project Eagle」を発表。2117年の火星を舞台に、人類のコロニーを描くインタラクティブコンテンツとして開発を進めていることが明らかになりました。

“Project Eagle”は、最初の有人火星探査から地球時間で82.8年(火星では44年)が経過した火星の大規模なコロニー“Eagle”を描くコンテンツで、まもなく開催される2017 D.I.C.E. Summitのパネルディスカッションにて、初のデモンストレーションが行われる予定となっています。

キュリオシティが着陸した巨大な“ゲール”クレーターの周辺を見事に再現する地形データや、Deserts of Kharakにも見られたBlackbird Interactiveの卓越したデザインとビジュアルが確認できるアナウンストレーラーは以下からご確認ください。

なお、“Project Eagle”をお披露目する2017 D.I.C.E. Summitのパネルディスカッション“Inspiration and Exploration”は、2月22日PT午前10時30分(日本時間の2月23日午前3時30分)から行われ、JPLのJeff Norris博士とBlackbirdのボスRob Cunningham氏(※ RelicとHomeworldシリーズの父としても知られる)、同じくBlackbirdのCCO Aaron Kambeitz氏が登壇する予定となっています。

余談ながら、“Project Eagle”は前述した通り新作ビデオゲームではなく、PCGamesNの確認に応じたRob Cunningham氏によると、“Project Eagle”と今年1月に公開されたティザーイメージに直接的な関係はないとのこと。(つまり、黒い戦闘機に絡む未発表新作の開発は別に進められていると思われる)

「Project Eagle」
「Project Eagle」
「Project Eagle」
「Project Eagle」
「Project Eagle」
「Project Eagle」
情報元及びイメージ:PC Gamer, PCGamesN, PC Invasion, Worthplaying

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.