「Wolfenstein II: The New Colossus」の開発を手掛けるMachineGamesがシリーズのトリロジー構想に言及

2017年6月15日 18:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Wolfenstein II: The New Colossus」
キャロラインの首を落とせと、満面の笑みで我が娘を煽るフラウ・エンゲル

先日待望のお披露目を果たし、ナチスによって支配されたアメリカや双子を身ごもったアーニャ、キャロラインと同じパワーアーマーを着用したBJ、小さな2Dのカメレオンと戯れるワイアット、さらに不気味さを増したフラウ・エンゲルなど、驚くほど情報量の多いアナウンス映像がお披露目された「Wolfenstein II: The New Colossus」ですが、昨日放送されたE3 Coliseumのパネルにシリーズの製作総指揮を務めるJerk Gustafsson氏とクリエイティブディレクターJens Matthies氏が出演し、MachineGamesが前作“The New Order”から始まった新シリーズのトリロジー化を視野に入れていることが明らかになりました。

今回はトリロジーの構想に対するMachineGamesの見解に加え、日本語字幕入りのE3アナウンストレーラーと2本の開発映像、BJのアクションフィギュアやナチ啓蒙ヒーローBlitzmenschのポスターを同梱する豪華なCollector’s Editionのプロモーション映像をまとめてご紹介します。

■ 新生“Wolfenstein”シリーズのトリロジー構想について

  • Danny O’Dwyerのインタビューに応じたJerk Gustafsson氏によると、新生“Wolfenstein”シリーズは、The New Orderの開発当初から三部作を視野に入れて開発を進めていたとのこと。(※ MachineGamesはThe New Orderのローンチ直後、2014年6月に行われたインタビューにおいて、続編に対する明確なアイデアと目標が存在すると強調していた)
  • ただし、三部作化はまだ決定しておらず、実現は“Wolfenstein II: The New Colossus”の成功に掛かっている。
  • クリエイティブディレクターJens Matthies氏は、自身と共同ライターが常に個々の作品に対するストーリーアークを前もって用意していると説明している。
昨日放送されたE3 Coliseumのパネル、トリロジーに関する話題は8分23秒あたりから
国内向けに日本語字幕入りのE3アナウンストレーラーも公開された
最新作の自由度の高い銃撃戦にスポットを当てる開発映像
ナチスに支配されたアメリカの状況にスポットを当てる開発映像
初代のエンディングから5ヶ月を経て目覚めたBJが車いすで戦う冒頭のシーケンスも確認できる
B.J. “テラー・ビリー” ブラスコヴィッチの1/6フィギュアを同梱する限定版のプロモーション映像
「Wolfenstein II: The New Colossus」
限定版に同梱されるフィギュアや武器、衣装が確認できるイメージ
画像は原寸大のイメージにリンクしてあります
情報元:GameZone, Bethesda.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.