「Dishonored: Death of the Outsider」に導入される“依頼”システムのディテールがアナウンス、新たなプレイ映像も

2017年8月30日 17:05 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dishonored 2」

ビリー・ラークとダウトによるアウトサイダーの暗殺計画を描くスピンオフとして開発が進められている「Dishonored: Death of the Outsider」ですが、新たに国内外の公式サイトが更新され、“Death of the Outsider”に導入される新要素“依頼”(Contracts)のディテールが明らかになりました。

暗殺者であるビリーがカルナカの市民から様々な仕事を引き受ける“依頼”は、失敗後に再挑戦できない(プレイスルーあたり)一度きりのミッションで、デモビルドに実装された“依頼”4種の内容が報じられています。

また、先日開催されたQuakeCon 2017会場には、本作のプレイアブルビルドが出展されており、ビリーの新スキルが確認できる計50分弱のプレイ映像が登場しています。

Game Informerが公開した40分のプレイ映像
こちらはPolygonが公開した10分弱のゲームプレイ
  • “依頼”はカルナカの市民から様々な仕事を請け負うサイドミッションで、失敗してもゲームオーバーにはならず、報酬が得られない。
  • ただし2周目に“Original Game +”モードを選択すると、“依頼”が何度でもプレイ可能。モードの詳細については今後改めて報じられるとのこと。
  • デモビルドに実装された4種の任務は以下。
    • バーテンダーを拉致せよ:依頼を受け、赴いた場所は「スペクター・クラブ」。本作で登場する新派閥「アイレス」が取り仕切る会員制クラブです。ここのバーテンダーは複数の人間から恨みを買っているらしく、その内の1人が自らの過ちを思い知らせるため、彼を一時的に拉致することを思いついたようです。この依頼では、賑やかなクラブの中からバーテンダーを拉致し、屋上にある木箱に“生きたまま”彼をぶち込む必要があります。
    • 演技の終幕:カルナカのとある住人は、とあるパントマイム師のことが憎くてしょうがないようです。そのパントマイム師を事故に見せかけて消すことができれば、保険金が受け取れるとのこと。運のいいことに、そのパントマイム師の今の仕事場は自殺の名所として知られる場所でした…(Smithはこの依頼が一番のお気に入りだそうです)
    • 仕事場での嫌がらせ:銀行の従業員たちが定期的に脅迫を受けており、それをやめさせてほしいという依頼です。依頼人によると、従業員たちに嫌がらせをしている女は何者かに雇われている様子。この困った“お客さま”の後を尾行して仲間の居場所を突き止め、全員始末しなくてはなりません。この依頼は今作で新たに登場する能力「フォアサイト」を試すのにピッタリです。能力を上手く使いこなして、女を見失わないようにしましょう。
    • 消えた兄貴:行方不明になった兄を探す手がかりはたったひとつ、「スペクター・クラブ」のみ。クラブを調べて兄の居場所を探し当て、運河のそばにある弟の小屋まで送り届けましょう。もちろん、誰にも気づかれずにクラブから兄を連れ出すのは簡単ではありません。
「Dishonored 2」
「Dishonored 2」
情報元及びイメージ:Bethesda.net, Bethesda.net, PCGamesN, Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.