Wolfenstein II: The New Colossus

Nintendo Switch版「モーフィーズ・ロウ」の国内発売決定が正式アナウンス、ロボット達が互いの質量を奪い合う異色TPS

2017年9月14日 8:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Morphies Law」

8月末に海外でNintendo SwitchとPC対応が正式アナウンスされたCosmoscopeの新作TPS“Morphies Law”ですが、本日放送されたNintendo Directにて、なんと本作の日本語版「モーフィーズ・ロウ」が正式にアナウンスされ、今年冬の国内ローンチを予定していることが明らかになりました。

“Morphies Law”は、銃弾が被弾した際に、被弾したボディパーツの質量が命中させたプレイヤーの同じパーツへと移り、そのサイズが互いに縮小・増大するモーフ/サイズベースのメカニクスを軸に駆動する4vs4のマルチプレイヤーシューターで、ボディサイズや各パーツのサイズによって大きく変化するゲームプレイを特色としています。

発表に併せて公開された日本語版のアナウンストレーラー

■ 再掲:“Morphies Law”のディテール

  • “Morphies Law”は、人類が絶滅した世界で活動を続けるロボット“Morphies”達の戦いを描く三人称視点の4vs4オンラインマルチプレイヤーシューター。開発はスイス北西部の都市リスで活動する“Cosmoscope”。
  • 発売時期や価格は不明で、Nintendo Switch版が今年冬発売予定。PC版はNintendo Switchのローンチ後に発売される予定。
  • “Morphies”が使用する武器は、銃弾の命中時に手足や頭部、体の質量を命中させた側に転送させる機能を持つ。これにより、熟練したプレイヤーの体は肥大化し、攻撃を命中させることが容易となる一方で、初心者は相対的に体の大きさが小さくなり、エイムが困難となる。
  • これにより、本作は上級者と初心者が共にゲームを楽しめ、従来のキルデス比はプレイヤーのボディサイズで表される。
  • ボディサイズの変化は異なる戦略をもたらす。以下、パーツサイズの変化に伴う代表的な変化。
    • 大きな脚部を持ったプレイヤーは、ジャンプ力が増し、建築物の上部へと移動可能となる。
    • マップには、小さなプレイヤーが侵入し隠れられる穴が存在する。
    • 足のサイズは落下ダメージを増加させる。
    • 下半身が肥大化した場合、おならのようなジェット噴射が可能となる。
    • その他、特定のパーツにサイズ固有の能力が用意されている。
  • チーム戦のオブジェクティブとして、Morphiesのチームアバターが登場し、チームメンバー全員を合算した質量/大きさに合わせてそのサイズが巨大化し、一定の大きさに達した時点で勝利となる。
  • ロボット間の質量移動はチーム間でも機能するが、チームアバターの大きさには影響を与えない。つまり、チームメンバー間で戦略的に任意のパーツの大きさを調整することが可能となる。(※ アタッカー役のサイズを予め小さくしておく、さらに敵チームへの攻撃を重ね肥大化したアタッカーの質量をフレンドリファイヤで吸収するなど)

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.