「Middle-earth: Shadow of War」のバランスは有料チェスト/消費アイテム無しで調整済み、MonolithのBob Roberts氏が課金要素について言及

2017年9月26日 18:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Middle-earth: Shadow of War」

8月上旬に海外向けのコンテンツとしてアナウンスされ、9月下旬には日本語版の課金非対応が報じられた「Middle-earth: Shadow of War」(シャドウ・オブ・ウォー)ですが、海外ではシングルプレイヤー向け(実際には非同期系のマルチプレイヤー/オンライン要素“抗争ミッション”や“Social Conquest”が導入される)のマイクロトランザクションが紛糾し、国内では課金要素の非対応が本編に与える影響に注目が集まるなか、MonolithのBob Roberts氏がEurogamerのインタビューに応じ、論争の的となっているルートチェストやブースト系の消費アイテムに言及。本作がこういった有料コンテンツを排した状態でバランス調整を行っていると明らかにしました。

“Middle-earth: Shadow of War”のマイクロトランザクションは、インゲーム通貨“ゴールド”を利用した複数レアリティ/カテゴリのチェストやXPブーストを含む消費アイテムの販売を行うもので、チェストから得られるアイテムやオークのフォロワーにはレアリティが適用されます。(※ 最高位のレジェンド装備/オークは“ゴールド”を用いることなくゲーム内で入手可能)

Bob Roberts氏によると、“Middle-earth: Shadow of War”のバランス調整とプレイテストは、マイクロトランザクションを無効化した状態で行われ、課金せずともゲームが十分に楽しめる状態を保っているほか、ゲーム内で課金を勧めるようなポップアップが表示されることも100%ないとのこと。

また、氏はオンライン接続の必要性についても誤解があったと説明しており、一部のオンライン要素を除く本作のプレイに常時接続が必要ないことを明言しています。

情報元:Eurogamer, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.