Wolfenstein II: The New Colossus

ローンチが迫るPC版「Destiny 2」の新たな4k/60fps映像が公開、パッチとDLCの配信や仕様に関する幾つかの新情報も

2017年10月24日 10:29 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Destiny 2」

本日深夜2時の世界同時ローンチがいよいよ目前に迫るPC版「Destiny 2」ですが、本日大手メディアによるハンズオンプレビューが解禁され、最新ビルドを用いた40分強のゲームプレイ映像が登場しています。

また、エイムアシストやクラン/グローバルチャット、オプション設定といった幾つかの仕様に関するディテールに加え、パッチやDLCの配信スケジュールに関する情報が報じられています。

Game Informerが公開した40分強の4k/60fpsプレイ映像、キャンペーンとマルチの両方が確認できる

■ PC版“Destiny 2”のローンチ時における仕様について

  • エイムアシストについて:ベータから変更なく、コントローラー向けのエイムアシストが適用される。PC版の開発を率いたDavid Shaw氏によると、これはフィードバックに基づく決定で、マウスとキーボードでプレイしたいユーザーが多くを占める一方で、ソファーでコントローラーを手にプレイしたいユーザーが少なからずいたとのこと。また、コントローラーとキーボード+マウスはゲーム内でシームレスに変更可能。
  • グローバル/クランチャットについて:PC版はボイスチャットとテキストチャットの両方に対応するが、コンソール版と同じくグローバル/クラン用のチャットは実装されない。
  • パッチとDLCの配信、イベントについて:PC版のローンチはコンソールから約1ヶ月半ほど遅れたが、今後のパッチやDLCについては、コンソール版と同時に配信される。また、各種イベントやアクティビティについては、ローンチ直後のレイドやナインの試練といったイベントの導入を除いて、コンソール版と同じスケジュールで実施される予定。
  • 今後のバランス調整について:以前にもご紹介した通り、今後のバランス調整についてはPC版とコンソール版で別の変更が適用される可能性がある。Bungieはバランスの違いを必要最小限に留めたいと考えており、目標は単一のデザインビルドを用いることだと説明している。
  • グラフィックスオプションについて:ベータに存在したパフォーマンスの問題からMSAAは削除された。さらに、新しい設定として“3D”アンビエントオクルージョンが追加された。(※ fps値の改善に有用なオプション設定については、過去記事を参照のこと)
  • クロスプレイとクロスセーブについて:現段階でPCとコンソール間のクロスプレイやクロスセーブを実現する計画は存在しない。
情報元及びイメージ:Game Informer, PC Gamer, PC Gamer, GameSpot, IGN

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.