Simogoが最新の進捗と来年の取り組みを報告、次回作「Project Night Road」はパブリッシャーと提携するコンソール作品に

2017年12月12日 0:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Project Night Road」

昨年の“ロールオフスキー ~転がりエージェント~”と新プロジェクト「Project Night Road」のアナウンス以降、1年に渡って比較的静かな状況が続いていたSimogoですが、本日およそ3ヶ月ぶりに公式Blogが更新され、今年1年の活動とモバイル市場の動向、来年の取り組みについて興味深い進捗を報告しました。

また、来る“Project Night Road”がパブリッシャーと提携するコンソールタイトルとなることも判明し、大きな転機を迎えるスタジオの今後に期待が掛かる状況となっています。

今年1年を振り返ったSimogoは、狂気の人が支配した2017年が世界にとってつらい1年だった語り、個人的にも困難な1年だったと説明。今年はこれまでに手掛けた古いモバイルゲームを最新のiOSへと対応させることに多くを費やしたと振り返り、プラットフォームホルダーがソフトウェアの保持に興味を示さない限り、いつの日か自身のタイトルや歴史そのものが失われることは最早避けられないとして、これを保持する方法を模索していると報告しています。

かつて、iPhoneが文字通り自分達の生活そのものを変えたと語ったSimogoは、昨今のモバイル市場がますます疲弊し、財政的な成長が難しく、訴求力を失う状況にあると語り、今やモバイルはコンソール作品よりもサポートが難しくなってしまったと説明。こういった背景から、コンソール向けの作品として、“Project Night Road”の開発を進めていると明らかにしました。

これに伴い、Simogoがあるパブリッシャーと提携したことを明かし、2010年の自分達であればこの考えを笑っていただろうと振り返りつつも、新たな提携が非常にクールで刺激的かつ、Simogoに適合するパートナーシップだと明言。2018年内のお披露目と完成を目指していると予告しています。

“Device 6”や“The Sailor’s Dream”、“SPL-T”など、モバイル向けの革新的なタイトルを次々と生み出してきたSimogoですが、2010年の設立以来、最も大きな転機を迎えたように感じられるスタジオがどんな取り組みを進めているのか、来る“Project Night Road”のお披露目に大きな期待が掛かるところです。

情報元:Simogo

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその123
「4コマ:拾ってすぐ捨てる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.