Nightdiveがフルリメイク版「System Shock」の開発を一時中止、計画の見直しと現状を報告

2018年2月17日 12:43 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「System Shock」

先日、シタデル内部のウォークスルーや未見のアセットに加え、3月下旬のGDCに向けた続報の予告をご紹介したNightdive Studiosのフルリメイク版「System Shock」ですが、2015年11月の正式アナウンスから2年が経過した野心作の動向に注目が集まるなか、新たにスタジオのCEO Stephen Kick氏がKickstarterページを更新し、開発の一時中止を発表。完成に向けて、一旦開発の方向性を見直すことが明らかになりました。

Stephen Kick氏は、2016年6月に実施し、2万1,000人を超えるファンから130万ドルを超える開発資金を調達したKickstarterキャンペーンの成功を経て、ゲームの開発を開始したものの、このキャンペーンが成功しすぎたことからスタジオが計画の焦点を見失いはじめたと語り、当初リマスターを想定していた計画が完全新作に遷移するなど、ビジョンそのものが変化したと説明。

こういった作品のコンセプトと開発チームの拡大と共に、予算もまた膨らみ、パブリッシング提携に向けた企業との長い対話がはじまったこともあって、最終的にNightdiveが事態をコントロールしかねる状況となったことを明かしたStephen Kick氏は、スタジオが計画の進め方を誤ったと前置きした上で、開発を一旦中止し、元のビジョンへと戻るための方法を改めて算定すると伝えています。

今後の取り組みに言及したStephen Kick氏は、“System Shock”の計画を終了するわけではなく、これまでよりも堅強なビジョンと共に必ず再始動を果たし、“System Shock”を完成させ、後援者に対する誓約を全て実現すると強調しています。

今のところ、再始動の時期やチームの再編に関する詳細は不明ながら、Nightdiveのビジネス開発を率いるLarry Kuperman氏のインタビューを行ったPolygonによると、“System Shock”開発に携わる約15名の契約スタッフを解約した一方で、フルタイムの従業員に対するレイオフは実施しておらず、現行の再リリース作品から得た利益を“System Shock”開発に用いる決心を固めているとのこと。

フルリメイク版“System Shock”は、名門Looking Glass Technologiesが1994年に発売した傑作“System Shock”を現世代向けにフルリメイクする新作で、ビジュアルやシステムを再構築し、一部リマスターを超える調整やアレンジを特色とするほか、SHODANやリトルシスター、コーエン先生の父として知られるベテランRobert Waters氏、リライトや全体的なテイストの調整を担当するお馴染みChris Avellone氏、Looking Glass Studiosの元開発者でSHODANのボイスアクトを務めたTerri Brosius女史を起用するドリームプロジェクトとして注目を集めていました。

また、昨年3月にはゲームエンジンの変更が報じられ、技術的な問題を理由に当初のUnityからUnreal Engine 4へと移行したことが判明していました。

情報元及びイメージ:Kickstarter, Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.