「Rainbow Six Siege: Operation Para Bellum」に登場する新オペレーター“Maestro”のトレーラーが公開

2018年5月17日 10:14 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rainbow Six Siege」

先日、ホログラムを用いるイタリアの防衛オペレーター“Alibi”の映像と出自が公開された「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」(レインボーシックス シージ)のYear 3シーズン2“Operation Para Bellum”ですが、新たにUbisoftが国内外で2人目のイタリアオペレーター“Maestro”の映像と情報を公開しました。

Maestroは『レインボーシックス シージ』頭脳戦に違った戦略を加えます。彼の専門はカギとなるロケーションへのアクセスを防ぐことで、彼は煙やミラー越しに見ることができます。G.I.S.の長年のチームメイトであるAlibiと一緒にいるときに彼は一番能力を発揮することができます。

―Maestroという人物はイタリアの対テロ部隊であるラグルッポメント・オペラティーボ・スペシアーレからインスピレーションを受けました。彼は優れた偵察能力で一目置かれている存在です―

アドリアーノ・”Maestro”・マルテッロは8人兄弟の長男としてローマで育ち、18歳の時にモデナの陸軍士官学校に入学する。その後カラビニエリに入り、トゥスカーニアの名で知られる第1落下傘連隊のエクスプローラー・パラトルーパーとなる。軍務で優れた功績を残し、銀と銅の勲章を与えられたマルテッロは、特殊介入部隊(G.I.S.)のメンバーに抜擢された。イラクでの共同作戦では即席爆弾により顔に傷を負った。その後イタリア国内でも数々の現場を経験し、最終的にイタリア軍クラス3の教官を務めることになった。軍務を終えると、クラス3やクラス2、さらには民間軍事企業向けの訓練プログラムを提供する優秀な民間コンサルタントに転身する。その後、トゥスカーニアはクラス2の特殊部隊を強化するため、再入隊を要請した。彼はこれをきっかけに、イタリアの代表者としてレインボー部隊に参加することになった。

情報元及びイメージ:Rainbow Six Siege, UbiBlog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.