Tencentが「Path of Exile」を生んだ“Grinding Gear Games”の株式を過半数取得、今後のPoE運用や拡張には影響無し

2018年5月22日 18:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Path Of Exile」

多数の新コンテンツを導入する“Incursion”アップデート(3.3.0)の配信が10日後に迫るGrinding Gear Gamesの人気ARPG「Path of Exile」ですが、新たにスタジオが公式サイトを更新し、本作の中国展開を担当するパブリッシャーTencentが“Grinding Gear Games”の発行済み株式の過半数(※ およそ80%)を取得したことが明らかになりました。

“Grinding Gear Games”は、Tencentによる過半数の株式取得後もスタジオの独立は維持され、今後の“Path of Exile”に対する開発と取り組みに影響はないと明言しており、過去5年に渡って多くの潜在的な買収先が接触を図ってきたものの、そのほとんどが“Path of Exile”を理解せず、彼らが持つ独自サービスへのサインインを求めるような企業が存在したと説明。League of LegendsやClash of Clansといった優れたIPを保有するTencentは、開発に対する高い自主性を認め、スタジオのデザイン的な決定を尊重するパブリッシャーだと伝えています。

また、全ての開発者が現在も(Tencentではなく)Grinding Gear Gamesの従業員であり、スタジオの創設者であるChris Wilson氏とJonathan Rogers氏、Erik Olofsson氏が引き続きスタジオの運営を率いる旨が明記されており、今後Tencentに対する業績報告の義務が生じるものの、スタジオのフィロソフィと運用に対する影響はないとのこと。

さらに今後“Path of Exile”がP2Wを採用しないこと、中国版のアップデートが国際版に先行しないこと、Tencent主導により中国版固有の機能が登場する可能性、国際版のアクセスに変更が生じないことが明記されているほか、既に2018年と2019年に配信される複数の拡張に加え、2020年初頭にベータ入りを果たす予定の4.0.0アップデートの開発に着手したことが報じられています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.