“A Way Out”を生んだJosef Fares監督と「Hazelight Studios」の次回作は再びEAから発売予定

2018年7月4日 10:18 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Josef Fares」

3月23日にローンチを果たした「A Way Out」が高い評価を獲得し、発売から僅か2週間で100万本販売を超える大きな成功を収めたJosef Fares監督の新スタジオ「Hazelight Studios」ですが、既に開発が進められている新作の動向に注目が集まるなか、Josef Fares監督がEurogamerとVentureBeatのインタビューに応じ、“A Way Out”に続いてEAが次回作のパブリッシングを担当することが明らかになりました。

Josef Fares監督は、“A Way Out”がスタジオのさらなる拡張を可能にする大きな成功を収めたと語り、これにはEAのサポートが不可欠だったことを前置きした上で、現在もEAとの取り組みを進めており、非常に素晴らしい支援を得ていると説明。どのパブリッシャーと共に働くか、特に気にしていないと語ったJosef Fares監督は、特筆すべき点として、スタジオがパブリッシャーの経済的側面を尊重する一方で、パブリッシャーがスタジオのビジョンを冒さないことが何よりも重要だと語り、EAがこの条件を十分に満たす存在であることを伝えています。

なお、Josef Fares監督とHazelight Studiosの新作は、現在プリプロ中で、お披露目までに2~3年の開発を想定しているほか、規模については“A Way Out”を超えるものの、AAA未満の作品になるとのこと。

情報元:Eurogamer

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.