遂にお披露目を果たした「サイバーパンク2077」のゲームプレイ映像に隠されたCD Projekt Redのメッセージが発見

2018年8月28日 12:49 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cyberpunk 2077」

昨日、半日近くに及んだ謎のコード放送を経て、遂に48分に及ぶゲームプレイ映像がお披露目された期待作「サイバーパンク2077」ですが、世界中のゲーマーを一瞬にして熱狂させたゲームプレイと今後の動向に改めて大きな注目が集まるなか、48分映像の最後に恒例とも言えるCD Projekt Redの隠しメッセージが発見され話題となっています。

参考:最後のフレームにCD Projekt Redのメッセージが隠された48分のゲームプレイ映像
「Cyberpunk 2077」
参考:メッセージが読めるよう色調補正を施したメッセージ画像

今回のメッセージは、これまでE3とgamescom向けのクローズドなプレゼンテーションに限定されていたデモ映像の一般公開に踏み切った背景と意図についてまとめられたもので、主に現行の“サイバーパンク2077”に対する意見を求めていること、そして一般公開に対するリスクと懸念、つまり製品版が現行のデモとまったく異なる可能性さえ存在する開発の真っ只中にあることを強調する内容となっています。

フィードバックについては、特筆すべき点として、“サイバーパンク2077”のゲーム世界が想像通りだったか、一人称視点の採用にあたって予てからCD Projekt Redが強調していた没入感の獲得に対する意図が伝わったか(※ 27分50秒あたりから始まるミリテクの女性コーポレートと初めて会うシーンや、12分以降における都市部の移動シーケンス等は、まさにこの企図を象徴する、三人称視点では決して成し得ない現行ビルドの白眉と言えるのではないでしょうか)、アプローチとして非常にフレッシュな印象を受ける“真昼のサイバーパンク”のビジョンをどう感じるかといったトピックについて意見を求めて居ます。

一方、現行のデモビルドと製品版が大きく異なる可能性と、そのリスクについて言及したCD Projekt Redは、未だデザインやゲームプレイのメカニクスについて様々なアイデアが存在し、テストが進められている現状を挙げ、実のところ発売時にどんな要素や機能を採用しているか未だ分からない状態にあることを明言。今後武器やUIを含む数千の要素に変更の可能性があることを伝え、現時点における“サイバーパンク2077”を楽しんでもらえることを願っていると説明しています。

予想よりもかなり早く一般公開が実現した“サイバーパンク2077”の驚くべきデモですが、これが今後どんな姿に変化し成長するのか、(ビジュアルのみならず、あらゆる面で)世代を1つ飛び越えたような印象さえ受ける“サイバーパンク2077”の動向に改めて大きな期待が掛かるところです。

CD Projekt Redの本間氏も国内のファンに向けて感想や意見を求めている

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.