スペースアドベンチャー「Rebel Galaxy Outlaw」の1時間に及ぶ公式ゲームプレイ映像が登場、Photoshop的な本格3Dペイント機能やフォトモードの搭載も

2018年9月8日 16:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rebel Galaxy Outlaw」

先日、“Double Damage Games”の新作としてアナウンスされた人気スペースアドベンチャー“Rebel Galaxy”の続編「Rebel Galaxy Outlaw」ですが、初代のプリクエルを描くプロットや本格的な3Dスペースコンバットに進化した続編の動向に注目が集まるなか、“Double Damage Games”が1時間に渡って最新作のディテールとゲームプレイを紹介する公式プレイ映像を公開。かつてRunic Gamesの共同創設者兼CEO兼社長として“Torchlight”シリーズを生んだTravis Baldree氏(※ 氏は元々Flagship StudiosでTorchlightの前身となったMythosのリードデザイナーでもあった)が自らプレイし解説を加える必見の内容となっています。

今回の放送は、前述の本格的な3Dスペースコンバットや多彩なアクティビティ、宇宙船の詳細なカスタマイズ、アーケードゲームやビリヤード、ダイスポーカー、スロットマシンを含むミニゲーム、多彩なジャンルを用意したインゲームラジオといった要素に加え、宇宙船に文字通り無限の外観カスタマイズをもたらす本格的なPhotoshop風の3Dペイント機能、フォトモードの搭載も確認できる非常に興味深いディテールが確認できます。

なお、件の3Dペイント機能は、ゲームの高品質なモデルをそのまま表示する3Dビューワーに加え、透明度の調整やブレンドモード(乗算やオーバーレイ、覆い焼き等)を含むレイヤー機能や外部ファイルのインポートを含むカスタムブラシサポート、ペンタブ対応、ぼかしや塗り、スポイト、スタンプ、消しゴム等を含む基本ツール、外部ツール向けのエクスポート機能を含むUV展開ツール、直線的に投影したイメージを直接3Dモデル(とテクスチャ)に描き付ける直感的なステンシル機能、3Dプリント用のエクスポート/アップロード機能など、思わず商用ソフトと見紛うような本格的なツールとなっています。

“Rebel Galaxy Outlaw”は、初代から34年前の宇宙を舞台に、無法者達や爆発、陽気なスペースファイト、魅力的なサウンドトラックを詰め込んだ(前作のテイストを踏襲する)ブルーカラーのスペースアドベンチャーで、ど派手なスペースコンバットや20時間に及ぶラジオ、ビリヤードやダイスポーカーを含むサイドアクティビティを特色としています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.