「シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ」

傑作“Cuphead”を生んだ「Studio MDHR」が次回作に言及、既に素晴らしいアイデアが存在する

2019年1月23日 16:44 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cuphead」

昨年6月のXbox E3 2018 Briefingにて、傑作シューティング“Cuphead”に多彩な新コンテンツを導入するDLC“The Delicious Last Course”をアナウンスしたお馴染み「Studio MDHR」ですが、2019年の配信を予定しているDLCの進捗に注目が集まるなか、“Studio MDHR”の中心人物であるMoldenhauer兄弟とMarija Moldenhauer女史がスタジオの次回作に言及。3人が次のプロジェクトについて語り合っているだけでなく、既にかなり素晴らしいアイデアが存在すると語り話題となっています。

これは、Red Bull Media Houseがビデオゲーム開発にスポットを当てる映像シリーズ“Levels”の第1弾として、“Cuphead”の誕生とStudio MDHRの取り組みにスポットを当てるエピソードを公開し明らかになったもので、今のところ、次回作に関する具体的なディテールは提示されていませんが、3人は“Cuphead”と同じアプローチで次回作に取り組んでいると説明しています。

“Cuphead”のために描かれた夥しい量のアニメーション用の原画やスケッチ、背景モデルに用いられたオブジェクトの実物、Caitrin Russell女史が担当した大量の背景画に加え、製作の様子も確認できる“Cuphead”ファン必見のLevels第1弾エピソードは以下からご確認ください。

“Cuphead”の誕生にスポットを当てるLevelsのエピソード1、次回作に関する言及は10分55秒から
情報元及びイメージ:GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.