余生を静かに暮らす老婆の日常を描く新作「The Stillness of the Wind」の日本語Nintendo Switch/PC版が発売

2019年2月7日 11:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Stillness of the Wind」

先日、海外版の発売日が2019年2月7日に決定したMemory of Godの新作「The Stillness of the Wind」ですが、新たに架け橋ゲームズが国内向けにプレスリリースを発行し、海外版のローンチと併せて、Nintendo SwitchとPC向けの日本語版発売をアナウンスしました。

“The Stillness of the Wind”は、1人また1人と住人が去ってしまった寒村で、最後の住人となった老婆タルマの静かな生活を描く作品で、小さな農場で野菜を育て、ヤギの世話をしながら日々の糧を得る日常のルーチンに加え、ときおりタルマの元を訪れる旅の商人と物々交換をし、都市へ移り住んだ家族の手紙を待つといった緩やかなサバイバル要素を特色としています。

誰かの最期の時間を体験するということ静かな風の流れさえも感じるアドベンチャーゲーム『The Stillness of the Wind』Nintendo Switch™ / PC(Steam)版リリースのお知らせ

本日、Fellow Traveller は、ある女性の人生を一風変わった手法で描くアドベンチャーゲーム『The Stillness of the Wind』を Nintendo Switch™、深夜には PC(Steam)にてリリースいたします。

古びた小屋に暮らす「タルマ」というおばあさんの時間をゆっくりと感じながら、さまざまなイベントを通じて彼女の人生に思いを馳せるタイトルです。

『The Stillness of the Wind』とは

とある女性の最期の時間を体験するシミュレーションアドベンチャーゲーム

「The Stillness of the Wind」

かつて、「タルマ」は家族にも恵まれ、子どもたちの声で賑やかな村で暮らしていました。
しかし、1人、また1人と村を去っていき、今では年老いた彼女だけがそこで暮らしています。

ヤギやニワトリを世話して、野草を採り、植物を育てて…
タルマの残り少ないゆるやかな時間が流れ続けていきます。

時々送られてくる手紙に、遠く離れた家族や友人へ思いを馳せながら、タルマだけが感じられる風の静けさ。
それをあなたも体験してみましょう。

「The Stillness of the Wind」
「The Stillness of the Wind」

ゲームの特徴

  • ゆるやかでリラックスした時間:このゲームでは何かに追われたり急かされたりすることはありません。タルマを通じて「The Stillness of the Wind(風の静けさ)」を感じるような体験が詰まっています。
  • 時間の過ごし方は人それぞれ:ヤギを世話してミルクからチーズ作りをしてみたり、種をまいて野菜を育てたり、農場でできることはさまざま。日暮れには家に帰り、料理を作って夜を過ごしましょう。
  • 他の時間を伝えてくれる手紙:タルマに会いに来てくれる旅の商人から手紙を受け取ることができます。家族や友人からの手紙が、他の場所で流れている時間を見せてくれます。
「The Stillness of the Wind」
「The Stillness of the Wind」
「The Stillness of the Wind」

『The Stillness of the Wind』詳細

【デベロッパー】Memory of God / Lambic Studios について

Coyan Cardenas は、Memory of God という名で知られている単身デベロッパー兼 Lambic Studios のディレクターです。無料ゲームの『Where The Goats Are』の開発で非常に評価された彼は、2018年1月に『The Stillness of the Wind』を作り上げるためスタジオを設立しました。Memory of God にとって初の商業タイトルとなります。

公式サイト: http://fellowtraveller.games/games/the-stillness-of-the-wind/

【パブリッシャー】Fellow Traveller について

2011年に設立された Fellow Traveller は、普通とは違った物語をコアにしたゲームを常に探し求めています。ゲームという世界の境界線を押し広げてくれるような開発者やアーティストをサポートし、まだ見ぬ領域へ踏み込もうとするゲームと、何か違ったものを求めるプレイヤーを繋げることを信念としています。代表タイトルとして『Hacknet』や、『Orwell』『Super Mutant Alien Assault』など。

公式サイト: http://fellowtraveller.games/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームは『GRIS』『The Messenger』『Tangledeep』『Dead Cells』『Kingdom: Two Crowns』『Overcooked®シリーズ』『Hollow Knight (ホロウナイト)』など100以上のタイトルをサポートしてきました。

公式サイト: www.kakehashigames.com
Twitter: @kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.