“Anthem”の開発を支援していたMark Darrah氏が「Dragon Age」シリーズ最新作のプロジェクトに復帰

2019年5月3日 19:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dragon Age」

2016年に「Dragon Age」シリーズ新作の計画を始動したものの、2017年10月にBioWareの大作“Anthem”の開発を支援すべく製作総指揮を兼任していたお馴染みMark Darrah氏ですが、新たに氏がAnthemの支援を終え、いよいよ“Dragon Age”シリーズ最新作の開発に復帰したことが明らかになりました。

これは、Mark Darrah氏が復帰を示唆する発言を行った一方、リードプロデューサーMichael Gamble氏が“Anthem”の新たなフロントマンをBen Irving氏とChad Robertson氏が務めると明言したもので、今のところ“Dragon Age”の次回作に関する新たな情報は提示されていません。

参考:レッドリリウムと融合したメレディスの死体らしき何か
そしてその亡骸を挟んで対峙するフレメスとフェン・ハレルらしき存在を描いた最新作のティザートレーラー

余談ながら、“Dragon Age”の新作については、かつてFailbetter GamesのCEOを務め、傑作“Sunless Sea”と“Fallen London”を生んだリードライター兼クリエイティブディレクターAlexis Kennedy氏がストーリー開発に取り組んでいることに加え、最新作が4作目のナンバリングではないことが明言されていましたが、Mark Darrah氏の新たな発言は最新作がナンバリングの4作目に相当する作品であることを示唆しているように見え、(前述のティザー映像が直接的な続編であることを予見させる内容であることを含め)今後の動向に改めて期待が掛かる状況となっています。

なお、“Anthem”の開発については、製作総指揮Mark Darrah氏とリードプロデューサーMichael Gamble氏、リードディレクターJonathan Warner氏がチームを離れたことが判明していますが(Jonathan Warner氏は家族の問題を支えるために1年間の有給休暇を取得)、Chad Robertson氏とMichael Gamble氏は“Anthem”の開発に影響がないことを強調しており、従来通りチームが100%“Anthem”の開発に注力し、新たなコンテンツのお披露目を楽しみにしていると伝えています。

情報元及びイメージ:GamesRadar, Game Rant, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.