「No Man’s Sky」のファン達が“Hello Games”に感謝を伝えるビルボード広告の掲示を目指すクラウドファンディングを開始、僅か2日で目標額の2倍を超える調達を達成

2019年6月15日 10:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「No Man’s Sky」
広告の完成予想図、アートワークとメッセージは仮のもの

昨年11月に配信されたバイオーム拡張アップデート“Visions”を経て、3つの段階的な大型アップデートによって構成される次期無料コンテンツ“Beyond”がアナウンスされた「No Man’s Sky」ですが、今夏配信予定の“Beyond”第1弾コンポーネントの動向に注目が集まるなか、新たに本作の熱心なファン達が継続的な無料アップデートによる改善と拡張を粛々と継続する“Hello Games”に感謝を伝えるべく、ビルボード広告の購入を目標とするクラウドファンディングをスタート。1,750ドル(約20万円)の目標額を早々にクリアし、僅か2日で目標額の2倍を超える3,925ドル(約42万6,000円)の調達を果たし話題となっています。

これは、Redditの“No Man’s Sky”コミュニティが中心となって始動し、ギルフォードの“Hello Games”オフィスから徒歩2分以内の場所に2週間のビルボード広告掲載を目指すクラウドファンディングで、掲示するメッセージやアートワークについては今後製作が進められる予定となっています。

クラウドファンディングで集められた資金は、広告枠の購入費用とスタッフの飲食代に充てられますが、既に目標額の調達を実現したことから、余剰分の資金を全て費やし闘病中あるいは恵まれない子供達にゲームを寄付することが決定しています。

この決定に伴い、恵まれない子供達にゲーム体験の提供を目的とするサブreddit“r/thegiftofgaming”が開設され、今回の寄付に関する進捗や写真、映像が報告されるだけでなく、今後同様の取り組みを継続し、互いの経験を共有できる場にしたいとのこと。

2016年8月のローンチ以来、様々な苦境に挫けることなく、当初目指した“No Man’s Sky”のあるべき姿をただひたすらに追求してきた“Hello Games”ですが、今回のプロジェクトは“Hello Games”の専心的な取り組みに報いる最高の贈り物だと言え、熱心なファンコミュニティがどんなメッセージを作り上げるか、今後の動向に大きな注目が集まるところです。

ファンの計画を知り驚きを隠せないSean Murray氏

情報元及びイメージ:PC Gamer, Game Informer

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.