遂にNPCが登場する「Fallout 76」の大規模無料アップデート“Wastelanders”が正式アナウンス、バトルロイヤルモードもお披露目

2019年6月10日 9:53 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

先ほどロサンゼルスでスタートした“Bethesda E3 Showcase”にて、新たに「Fallout 76」のプレゼンテーションが実施され、最大規模の無料アップデートとなる“Wastelanders”がアナウンス。なんとNPCが復活を果たすほか、新たなメインクエストやリワードを導入することが明らかになりました。

また、本日から1週間のフリーウィークエンドが実施されるほか、52人プレイ可能なバトルロイヤルモード“Nuclear Winter”のゲームプレイ映像がお披露目され、このフリーウィークエンドと併せてスニークピークを導入することが判明しています。

Fallout 76 – 新アップデート「Nuclear Winter」 & 「Wastelanders」

『Fallout 76』に大きな変革をもたらす2つの新たな無料アップデートが年内に登場、 アパラチアはさらなる拡充を目指します。2019ロードマップでご紹介した「Wastelanders(ウェイストランダーズ)」と「Nuclear Winter(ニュークリアウィンター)」の公式ゲームプレイトレーラーが、ついに「Bethesda E3 Showcase」で公開されました。

両アップデートのトレーラーを視聴したら、詳しい情報を以下で確認しましょう。

人々が帰ってくる!

大型無料アップデート「Wastelanders」では、ついにアパラチアに人々が帰ってきます! 『Fallout 76』の1年目にはVault 76の扉が開かれ、多くのプレイヤーがウェイストランドに移り住みました。そして2年目、人々が様々な目論見を胸にアパラチアに戻ってきます。そうです、人間のNPCが『Fallout 76』にやってくるのです!この大型アップデートでは、複数の選択と結果が織り成す新たなメインクエストや、印象的なキャラクターたちが繰り広げる独自のストーリーが楽しめます。

入植者やレイダーの勢力が、アパラチアの掌握あるいは噂に聞く宝の入手を画策しています。誰を味方にするか、すべてはあなたの手に委ねられ、その選択が彼らの運命を左右します。入植者とレイダーの両方が、特別な仲間やストーリー、新登場となる豊富な武器やアーマーを携え、あなたの目の前に姿を現します。「Wastelanders」は、きっと『Fallout 76』におけるあなたのプレイ体験を一変させることでしょう。本アップデートは2019年秋に登場予定です。ぜひお楽しみにお待ちください。

「NUCLEAR WINTER」、まもなく登場!

アパラチアに核兵器の雨が降り注いだ結果、核の嵐が発生し、あなたはその嵐の中に閉じ込められてしまいます。まもなく登場する「Nuclear Winter」では、プレイヤー52人によるPvPの新モードが楽しめます。「Nuclear Winter」は、『Fallout』でしか実現できないバトルロイヤルを確立しており、プレイヤーにここでしか味わえない特別な体験を提供します。Perkや核ミサイルに「Wild Appalachia(ワイルドアパラチア)」からのクリーチャー、そしてC.A.M.P.にいたるまで、「Nuclear Winter」では従来のゲームプレイをS.P.E.C.I.A.L.にお楽しみいただけるのです。

武器、物資、核ミサイルをかき集め、Vault 51の監督官となる資格を勝ち取るために他のプレイヤーたちと戦いましょう。あなたは最後まで生き残ることができるでしょうか?

Fallout 76 – 「Nuclear Winter(ニュークリアウィンター)」到来

「Fallout 76」

6月10日から6月17日(北米時間)に『Fallout 76』をプレイすると、ゲームを起動した時にメニューに新しい要素が追加されたことに気付かれるかもしれません。2019年のロードマップでご紹介し、「Bethesda E3 Showcase」にて詳細をお伝えしたとおり、「Nuclear Winter(ニュークリアウィンター)」は今までにない形で他のプレイヤーと競うことができる『Fallout 76』の最新モードです。「Nuclear Winter」では、Vault 51の監督官の座をかけた戦いが繰り広げられ、52人のプレイヤーが死力を尽くして戦うことになります。自分のランクを上げ、新登場のモード限定Perkを解除し、C.A.M.P.の展開や核ミサイルの発射を駆使して勝ち抜きましょう。周囲が炎に包まれる中、あなたは最後まで生き残ることができるでしょうか?

Vault 51のZAXコンピューターは、選りすぐりの人材をVaultの次期監督官に任命するため、危険極まりない試練を課すことにしました。「Nuclear Winter」に参加して生き残り、監督官ランクが上げていくことでVault 51の新しいエリアにアクセスできるようになれば、その過程でVaultの謎が明らかになっていくことでしょう。
6月10日から6月17日(北米時間)までの間、「Nuclear Winter」の期間限定先行プレイを実施します。実際にプレイに入る前に『Fallout 76』の新しい要素について、いくつかおさらいしましょう。

WHAT’S NEW?

「Nuclear Winter」は、パワーアーマー、Perkカード、C.A.M.P.やウェイストランドのクリーチャーなど、『Fallout』オリジナルのゲームシステムが組み込まれた対戦型のバトルロイヤルです。武器、アーマー、薬品などのステータスなど、ゲームシステムの多くがこの新しいゲームモードやマップサイズに合わせて調整されています。アドベンチャーモードのキャラクターを「Nuclear Winter」に移行することはできますが、キャラクターのレベルは与ダメージや被ダメージに影響しないため、マッチごとにプレイヤー全員が同じスタートラインに立つことになります。ダメージの増加や防御力の強化は、マッチ中に武器やアーマーを獲得することで行えます。

クリーチャーや取得アイテム

「Wild Appalachia(ワイルドアパラチア)」のクリーチャーたちも、「Nuclear Winter」に合わせて再調整されました。倒すのはさほど難しくなく、倒した後にアイテムを取得できますが、付近のプレイヤーにあなたの居場所を知らせることにもなります。スコーチビーストのような難易度の高い敵は、最高レベルのアイテムをドロップします。「Nuclear Winter」のアーマーを拾う際には、左腕や右脚など個別にピースを集める必要はありません。拾うアーマーは全て完全なセットになっているので、素早く自キャラクターを強化することができます。「Nuclear Winter」は、言うなれば『Fallout 76』の魅力のすべてを20分に凝縮したような内容となることでしょう。

C.A.M.P.と核ミサイル

C.A.M.P.の設置は、「Nuclear Winter」ではかなり簡略化されたものになります。組み立てに資源を消費することがなく、アドベンチャーモードの図面をそのまま引き継ぐので、マップ上にすぐに組み立てることができます。組み立てを行っても、アドベンチャーモードのC.A.M.P.には影響しません。その代わり、周囲を包む炎はどんどん迫ってくるので、キャンプの設置場所には十分注意しましょう。また、C.A.M.P.の設置に資源を消費しないため、プレイヤーが無尽蔵にタレットを置かないように一部のアイテムが再調整されています。「Nuclear Winter」のタレットは、マップ上に配置されていたり倒されたプレイヤーが落としたりする箱から入手できるアイテムとなります。

核ミサイルも「Nuclear Winter」で調整されました。マップの大きさの縮小に伴い、効果の強さと範囲も小さくなりましたが、核ミサイル投下の効果は永続的で、マッチが続く限り維持されます。核ミサイルを発射するには、1回のマッチで核ミサイルのコードを4つと発射用ブリーフケースを1つ手に入れる必要があります。

PERKとV.A.T.S.

「Nuclear Winter」には、解除・装備できるPerkカードが合計73枚あり、そのうちの10枚はこのモード限定のものです。また、Perkカードをアドベンチャーモードやサバイバルモードに引き継ぐことはできません。Perkカードには、Walking Arsenal(遠距離武器の重量軽減効果が1枚のカードにまとめられたもの)、Frog Legs(ジャンプの高さを増加させる)、Briefcase Bloodhound(核のブリーフケースの場所を追跡できる)などがあります。これらの「Nuclear Winter」限定Perkカードは、従来ゲームよりも早いペースで進行する新しいモードに合わせた仕様となっています。

V.A.T.S.の強力な性能に不安を抱いている方もご安心ください! アドベンチャーモードやサバイバルモードと異なり、「Nuclear Winter」のV.A.T.S.はAIにしか使用できず、他のプレイヤーを対象にできません。

引き継げる要素について

「Nuclear Winter」は、新しいキャラクターで始めるか、アドベンチャーモードやサバイバルモードのキャラクターを引き継ぐかを選択できます。キャラクターの外見はアドベンチャーおよびサバイバルモードから引き継がれますが、武器やPerkカードは引き継がれません。プレイ開始から集合場所で装備することができる服装を手に入れた場合を除き、「Nuclear Winter」にはVault 51のジャンプスーツと、お馴染みのPip-Boyを手首に巻いた状態で突入することになります。ゲーム本編のS.P.E.C.I.A.L.ステータスは「Nuclear Winter」に引き継がれますが、Perkカードは引き継がれません。カードはこのモードをプレイすることで解除されていきます。また、不公平なアドバンテージを与えないため、S.P.E.C.I.A.L.のパッシブボーナスも引き継がれません。

ただし、事前にアトミックショップでコスメティックアイテムを購入している場合は、それらのアイテムをアトミックショップで「Nuclear Winterのお気に入り」としてマークすることで「Nuclear Winter」のキャラクターに装備させることができます。持ち越せるアイテムは、服装のコスメティックアイテム、プロフィールアイコン、パワーアーマーや武器のスキンなどです。「Nuclear Winter」を開始すると、これらのアイテムは所持品の中に保持され、マッチ中に適切なアイテムを見つけることで装備が可能になります。例えば、「Nuclear Winter」はパワーアーマーを装備した状態で開始することができないため、パワーアーマースキンをすぐに装備することができません。マップ上でパワーアーマーを見つければ、スキンを適用することができます。アドベンチャーモードやサバイバルモードに戻ると、「Nuclear Winter」で獲得したXPやキャップは、そのままプレイしていたキャラクターに引き継がれます。

「Nuclear Winter」でチャレンジを完了することもでき、報酬として獲得できる新しいコスメティックアイテムやワークショップのアイテムなどは、あらゆるモードやキャラクターで使用することができます。Vault 51のZAXコンピューターの「目」が光る中、「Nuclear Winter」において監督官ランクを上げることで、プロフィールアイコン、C.A.M.P.の設計図、パワーアーマースキンなど、様々な限定コスメティックアイテムを報酬として獲得できます。監督官ランクを上げるとPerkカードも取得できますが、「Nuclear Winter」で解除したPerkはこのモードに限定されるので、引き継ぐことはできません。

情報元及びイメージ:Bethesda.net, Bethesda.net

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.