メタルスラッグや魂斗羅にインスパイアされた2Dアーケードアクション「Blazing Chrome」の日本語版が発売

2019年7月12日 17:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Blazing Chrome」

先日、熱すぎる実写パートを含む素晴らしいローンチトレーラーをご紹介したJoyMasherとThe Arcade Crewの新作アクション「Blazing Chrome」ですが、昨日予定通り本作の販売が開始され、国内の窓口を担当した架け橋ゲームズが日本語版のリリースをアナウンスしました。

“Blazing Chrome”の概要を分かりやすくまとめた最新のリリース情報は以下からご確認ください。

参考:“Blazing Chrome”のローンチトレーラー

人類の存亡をかけた戦いを生き抜けロボットの支配に抵抗するアーケードアクション!『Blazing Chrome』Nintendo Switch™ / PlayStation®4 / PC(Steam)版リリースのお知らせ

7月11日に、The Arcade Crew は、レトロアーケードスタイルの2D アクションゲーム『Blazing Chrome』をNintendo Switch™ / PC(Steam)にてリリースいたしました。また、本日 PlayStation®4版もリリースされる予定です。本作の開発スタジオである JoyMasher は、これまでに『Oniken』『Odallus: The Dark Call』など、多くのユーザーから高く評価されているレトロスタイルのゲームを制作してきた実績のあるチームです。

日本の古き良きアーケードゲームの名作たちを彷彿とさせるようなきめ細やかな16bit の世界を、存分に暴れまわりながらお楽しみください!

『Blazing Chrome』とは

人類の存亡をかけて最後の戦いに挑むレトロアーケードスタイルのアクションゲーム!

「Blazing Chrome」

西暦21XX 年。

人類がロボットに支配されてしまった世界。残された人間に力はなく、ただ機械の音に怯えながら身を隠している。

反乱軍の兵士たち以外は…。

人類の希望を託された反乱軍の兵士「マヴラ」と、仲間のロボット「ドイル」となって、機械の支配から抜け出すラストミッションに挑め!

「Blazing Chrome」

ゲームの特徴

荒廃した16ビットの世界で暴れまわれ!

ロボットがひしめく「兵器工場」や「輸送列車」「通信塔」など、5つのステージで銃弾だけを頼りに熾烈な戦いを生き抜け。

相棒と共に戦えるローカル協力プレイにも対応!

「Blazing Chrome」
「Blazing Chrome」

勝利のためにすべてを使え!

ホバーバイクや大型アーマーを使いこなせば、一気に大量のロボットどもを倒すことができるはずだ!

戦いの中で見つかる強化アイテムも見逃すな。

タイプの異なる銃を切り替えながら戦いを有利に進めろ!

「Blazing Chrome」

『Blazing Chrome』詳細

【開発スタジオ】JoyMasher について

JoyMasher は2012年に Danilo Dias と Thais Weiller によって設立されたインディーゲーム開発スタジオ。これまでに『Oniken』と『Odallus』を開発し、現在は最新作となる『Blazing Chrome』と、まだ公開していない秘密のプロジェクトを手がけています。Steam Greenlight の制度を通じて、2014年に『Oniken』、2015年に『Odallus』が全世界にリリースされたことから一躍脚光を浴び、レトロゲームへの情熱が多くのユーザーに注目されている開発スタジオです。

公式サイト: https://joymasher.com/

【パブリッシャー】The Arcade Crew について

The Arcade Crew は DotEmu のリソースと経験に基づいて2018年に設立された販売会社です。レトロを感じさせるような素晴らしいインディーゲームを専門にサポートしています。The Arcade Crew が手がける初のタイトル『Blazing Chrome』は、クラシックなアクションと激しい戦闘が詰め込まれた最高の一作となっています。

公式サイト: https://www.thearcadecrew.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームは『Katana ZERO』『GRIS』『The Messenger』『Dead Cells』『Kingdom: Two Crowns』『Overcooked®シリーズ』『Hollow Knight (ホロウナイト)』など150以上のタイトルをサポートしてきました。

公式サイト:www.kakehashigames.com
Twitter:@kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.