Firewatchを生んだCampo Santoの新作「In the Valley of Gods」が開発保留に、スタジオの共同設立者Jake Rodkin氏が最新の状況を報告

2019年12月4日 12:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「In the Valley of Gods」

傑作“Firewatch”を生んだCampo Santoの新作として2017年末にアナウンスされ、2019年内の発売を予定していた新作アドベンチャー「In the Valley of Gods」ですが、Valveによる2018年4月のCampo Santo買収を経て、続報が途絶えていた次回作の動向に注目が集まるなか、スタジオの共同設立者Jake Rodkin氏がPolygonの確認に応じ、“In the Valley of Gods”の開発が保留となっていることを正式に報告しました。

これは、先月スタジオの中心人物達が自身のTwitterプロフィールから一斉に“In the Valley of Gods”の文言を削除し、スタジオの公式Youtubeチャンネルから“In the Valley of Gods”のトレーラーが削除された後、“Half-Life: Alyx”に対するCampo Santoの開発参加が報じられたことから、計画の安否が懸念されていたもので、Polygonの確認に応じたJake Rodkin氏は、“In the Valley of Gods”が2019年に発売されないことはもはや明確だと説明。やはりValve Timeには抗えず、弄ばれてしまったと語った氏によると、事前情報通りチームの一部開発者が“Half-Life: Alyx”に参加しただけでなく、Dota UnderlowdersやSteamに取り組んでいるメンバーもいるとのこと。

Jake Rodkin氏は、“Half-Life: Alyx”の開発に価値ある取り組みが多く含まれており、Alyxの計画が本格化するにつれて、単なる支援からフルタイムの開発に取り組むメンバーが生じたことを挙げ、“In the Valley of Gods”の開発保留を明言。具体的な期間や時期は提示していないものの、今後チームのメンバーが再び復帰し、開発を再開する可能性は残されていると伝えています。

参考:2017年末にお披露目されたTGAでのワールドプレミア、公式トレーラーは既に削除済み

“In the Valley of Gods”は、1920年代の人里離れたエジプトの砂漠が舞台となる一人称視点のシングルプレイヤーアドベンチャーで、汚名を負った元探検家で映画監督のRashidaとなり、考古学的な発見と冒険を描く映画を撮影するために、別れた元パートナーZoraと共に古代の遺跡を探索する物語と2人の関係を描くことが報じられていました。

情報元及びイメージ:Polygon, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.