Ubisoftが「Rainbow Six Siege」Year5とYear6のロードマップを公開、クロスプレイを視野に入れたPS5とXbox Series X対応も

2020年2月17日 10:56 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rainbow Six Siege」

昨日、Year5シーズン1“Operation: Void Edge”の新オペレーターとオレゴンマップの刷新に関する話題をご紹介した「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」ですが、Six Invitational 2020にて本作の今後に焦点を当てる新たなパネルが実施され、近く始動する5年目だけではなく、既に6年目の運用も決定し、幾つかの計画を進めていることが明らかになりました。

また、本作の開発を率いるディレクターLeroy Athanassof氏がWindows Centralのインタビューに応じ、コンソール向けのクロス世代/プラットフォームプレイを視野に入れたPS5とXbox Series X対応を明言し話題となっています。

今回は、Year5とYear6のロードマップを含む新たな開発映像と現段階で判明している主なディテール、幾つかの新コンテンツを紹介するトレーラー、前述のPS5とXbox Series X対応に関する話題をまとめてご紹介します。

“Rainbow Six Siege”のPS5/Xbox Series X対応とクロスプレイについて

  • Windows Centralのインタビューに応じたゲームディレクターLeroy Athanassof氏が“Rainbow Six Siege”のPS5とXbox Series X対応を明言。何れもそれぞれのローンチタイトルとしてリリースを目指しているとのこと。
  • PS5とXbox Series X版の発売日が未定であることに言及したLeroy Athanassof氏は、(当然ながら)新型コンソールの発売日次第であることを挙げ、目標はそれぞれの次世代機ローンチ直後にリリースことだと強調している。
  • 次世代機版の発売に併せて、世代間のクロスプレイ(PS4とPS5、およびXbox OneとXbox Series X)が導入される。一方で、PlayStationとXbox間のクロスプラットフォームプレイについても実現に向けた取り組みが進められている。Leroy Athanassof氏は完全なクロスプレイが目標だと前置きした上で、SonyとMicrosoft間の議論が重要となる旨を伝えている。
  • ただし、入力デバイスが大きく異なるPCとコンソール間のクロスプレイについては考えていないとのこと。
  • プラットフォーム間のアカウントと進捗の移行についても検討が進められている。
Year 5とYear 6の改善と新要素に焦点を当てる新たな開発映像
「Rainbow Six Siege」

“Year 5”のロードマップ

  • Ubisoftは“Year 5”を現行のシステムと未来のYear 6に向けた取り組みが混在するハイブリッドの年だと掲げている。
  • シーズン1
    • 2人の新オペレーター(IanaとOryx)
    • “OREGON”マップのリワーク
    • イベント1種、アーケードプレイリスト1種
    • バトルパス
  • シーズン2
    • 2人の新オペレーター(南アフリカとノルウェー)
    • “HOUSE”マップのリワーク
    • イベント1種、アーケードプレイリスト1種
    • バトルパス
  • シーズン3
    • 1人の新オペレーター(機密)
    • “SKYSCRAPER”マップのリワーク
    • イベント1種とアーケードプレイリスト
    • バトルパス
  • シーズン4
    • 1人の新オペレーター(タイ)
    • “CHALET”マップのリワーク
    • イベント1種とアーケードプレイリスト
    • バトルパス
  • Tachankaの刷新:エリアコントロールに秀でる焼夷弾を放つグレネードランチャー“Kulakov”が追加され、LMGがメインウェポン扱いとなり持ち運び可能となる。さらに、(これまで存在しなかった)Tachankaのフェイスモデルが新規に作成される。
  • シーズン毎にオペレーター1人に注力する刷新を計画中。例:スピード/アーマーシステムの変更や一部武器の有用性強化など。
  • 特定のガジェットやディフューザーがマーク可能となるPing 2.0システム。
  • 全オペレーター向けのセカンダリガジェット。
  • ランクモードのマップBanシステム。3つの候補から2つを禁止し、残る1つがプレイ可能となる。
  • ゲーム内の行動に基づく新たな評判システム。
「Rainbow Six Siege」

“Year 6”のロードマップ

  • シーズン1
    • 1人の新オペレーター
    • コアゲームプレイの改善とオペレーター1人のリワーク
    • マップ
    • イベント1種とアーケードプレイリスト
    • バトルパス
  • シーズン2
    • 1人の新オペレーター
    • コアゲームプレイの改善とオペレーター1人のリワーク
    • マップ
    • イベント1種とアーケードプレイリスト
    • バトルパス
  • シーズン3
    • 1人の新オペレーター
    • コアゲームプレイの改善とオペレーター1人のリワーク
    • マップ
    • イベント1種とアーケードプレイリスト
    • バトルパス
  • シーズン4
    • 1人の新オペレーター
    • コアゲームプレイの改善とオペレーター1人のリワーク
    • マップ
    • イベント1種とアーケードプレイリスト
    • バトルパス
“Six Invitational 2020”におけるオペレーター達の明暗を描いた熱いCGIトレーラー
Tomb Raiderとコラボした“ララ”衣装を含むAsh用のエリートセット
こちらはCaveiraのエリートセット
情報元及びイメージ:Ubisoft, reddit, MP1st, Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.