幾つかの修正を導入する「The Division 2」のメンテナンスがスタート、高難易度のTTKに関するバランス調整の話題も

2020年3月12日 18:04 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Division 2」

先日、“Warlords of New York”拡張のシーズン1“シャドウタイド”がスタートした「Tom Clancy’s The Division 2」ですが、新たにUbisoftが3月11日分のState of the Gameを公開し、先ほどスタートしたメンテナンスの変更点が明らかになりました。

また、“Warlords of New York”の解禁に伴い、一部高難易度コンテンツで再び問題となっている長いTTK(Time to Kill、キルに必要な時間)に関するバランス調整とアプローチが報じられています。

■ 3月11日分のメンテナンススケジュールと変更点

  • 3月12日CET午前10時/EDT午前5時/PDT午前2時、日本時間の午後6時開始。およそ1時間半のダウンを予定。
  • 変更点は以下
    • 一部のプレイヤーが不死身となっていた問題を修正。
    • ルーズベルト島のエリア防衛目標の更新を妨げていた問題を修正。
    • フレンドがオフライン表示となる問題を修正。
    • NPCからクラフト素材がドロップしない問題を修正。
「The Division 2」
参考:シーズン1“シャドウタイド”のコンテンツスケジュール

敵NPCのヘルスとゲームの全体的な難易度について

ここに来て再燃した本作のTTK問題について、Ubisoftは問題を“難易度のバランス調整”と“NPCのスケーリング”に分類している。

■ 全体的な難易度調整について

  • 現段階でNPCが死亡するまでに時間が掛かりすぎる場合がある。
  • 現段階でハードが一般的に望ましい難易度となっている。
  • チャレンジは、ほぼ完成したビルドとコア属性の最大化を終えたプレイヤーを想定した難易度となっている。NPCのダメージとヘルスから考慮すると、現在のバランスはやや高すぎ、ビルドの多様性を制限する状況となっている。Ubisoftはチャレンジ難易度にビルドの多様性を確保する調整を検討しているが、最終的に前述の想定に基づく挑戦的な難易度を維持したいと考えている。(つまりTU7のチャレンジほど簡単ではない難易度を目指している)
  • ヒロイックとレジェンダリーについては、全てのプレイヤーにとって挑戦的な難易度であることが望ましく、今後の調整は僅かにとどまる予定。
  • 今後のバランス調整はソロプレイヤーにも影響を与える。(ミニガンウォーハウンドのヘルス/与ダメージ減等)

■ Co-op時のスケーリングについて

  • 4人グループに対抗する敵を4倍に増やすことは(パフォーマンス的に)できないことから、バランスはNPCのアーマーやヘルス、ダメージのスケールで調整する必要がある。
  • 通常の赤い体力バーの敵におけるスケーリングの影響はさほど顕著ではないものの、ネームドのエリートについては調整の影響が明白で、現時点で3人/4人グループのエリートについては過剰に強い調整となっている。
  • この問題に、前述したハード以上の難易度に関する問題が重なることで、ビルドの多様性が制限され、高いTTKによって戦闘時間が長引き、非常に困難な状態が生じている。
  • これらを考慮し、難易度とNPCスケールの両方からバランス調整の検討が進められている。ただし、挑戦的な難易度と困難さは必要であり、スピードランが容易だったTU7の難易度は望ましくないとのこと。

■ 改善のスケジュールやダークゾーンを含むその他の情報について

  • 前述のバランス調整は、クライアントとサーバの両方を更新する必要があるため、改善には時間が必要となる。
  • 今のところ、一度の大規模な変更で元に戻すことが困難なアップデートよりも、複数回のパッチに分散し改善する反復プロセスを予定している。
  • レイドについては、個別にバランス調整が行われるため、前述の変更による影響は受けない。
  • ダークゾーンのTTKについては、現段階で速すぎるとのこと。当初の計画では、より多くのビルドが有効となるよう十分なTTKを確保する予定だったとのこと。ステータス効果も大きな影響を持つため、調整に向けた検討が進められている。
情報元及びイメージ:reddit, Ubisoft Forums

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.