Dim Bulb Gamesのデビュー作「Where the Water Tastes Like Wine」のPC版がitch.ioで無料化、現代アメリカ文学的な旅と伝承を描く独創的なアドベンチャー

2020年3月19日 13:03 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Where The Water Tastes Like Wine」

かつてFullbrightで傑作“Gone Home”のプログラマを務めたJohnnemann Nordhagen氏が開発を率いる新スタジオ“Dim Bulb Games”のデビュー作として2018年3月にPC向けのローンチを果たし、昨年末には海外コンソール版が発売された「Where the Water Tastes Like Wine」ですが、新たにJohnnemann Nordhagen氏がPC版の無料化を報告し、itch.ioにてWindowsとMac、Linux版が“任意の価格”で入手可能となっています。

“Where the Water Tastes Like Wine”は、ジャック・ケルアックの“路上”やジョン・スタインベックの“怒りの葡萄”、マーク・トウェインの“ハックルベリー・フィンの冒険”といった現代アメリカ文学をはじめ、クロスロードの伝説に代表される古いブルースやフォーク、ブルーグラスソングに歌われたほら話に強くインスパイアされた、いわゆる魔術的リアリズム系のアドベンチャー作品で、コンポーザーRyan Ike氏の素晴らしい楽曲やスティングの起用を含む超豪華なボイスキャスト、ビデオゲーム業界の著名なライター陣が集結したゲーム内ストーリーといった要素を特色としており、広大なアメリカの旅を通じて出会った旅人の物語や地方の民話、これを伝え聞くプレイヤーの物語を描く独創的なアドベンチャーとして高い評価を獲得していました。

今のところ、本作の無料期間は提示されていませんので、“Where the Water Tastes Like Wine”が気になっていた方は、この機会に入手しておいてはいかがでしょうか。(できれば幾らかの支払いも!)

参考:“Where the Water Tastes Like Wine”のローンチトレーラー

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.