「Rainbow Six Siege: Operation Steel Wave」の新オペレーターや民家マップの刷新を紹介する本格的な解説映像がお披露目

2020年5月19日 11:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rainbow Six Siege」

先日、新オペレーターMelusiとAceを紹介するティザートレーラーが公開された「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」のYear5シーズン2“Operation Steel Wave”ですが、昨晩予定通り“Operation Steel Wave”の本格的なお披露目が行われ、防衛オペレーターMelusiと攻撃オペレーターAceのガジェットやロードアウトを含む詳細、“民家”マップの大幅な刷新、ランクモードとオペレーターのバランス調整といった要素に焦点を当てる25分弱の解説映像が登場しました。

今回は“Operation Steel Wave”のお披露目映像に加え、水圧を利用するAceのアクアブリーチャーや高周波で相手の動きを鈍化させるMelusiのソニックディフェンスを利用したゲームプレイのコツを紹介するハイライト映像とEchoの和風なエリートセットのアナウンス映像をまとめてご紹介します。

“Operation Steel Wave”のお披露目映像
MelusiとAceのゲームプレイ解説映像
Echoの和風なエリートセット

Operation Steel Wave

Operation Steel Waveには、驚きの新要素が満載です! 新たに登場するオペレーターは、参加する全てのマッチの流れを変えるガジェットを所持しています。攻撃側にはナイトヘイヴンの新兵であるAceが加わり、防衛側にはインカバ部隊のレンジャーであるMelusiが加わります。

以下のパッチノートでは、今シーズンから刷新された「民家」マップや、新たなサブガジェットである「センサーアラーム」について紹介します。また、マッチメイキング評価システムに追加された変更点や、Amaruのガジェットの機能、新たなシーズンウェポンスキン、Echoのエリートスキンもぜひチェックしてみてください!

「Aceは、予測不能かつ派手で、エンターテイナーとしての一面を持ちながらも、全ての面においてプロフェッショナルな存在だ…」

自然と皆の注目を集めるハバード・“Ace”・ホーグランドは、いつもカメラ映りの良い笑顔を振りまき、ひょうひょうとしています。その一方で、世界を股に掛けて行ってきた数々捜索救助活動と、長く積み上げられてきたその実績により、多くの人々から尊敬の念を集める存在でもあります…

「ヌドロブは背負った責任から逃げるようなことはしない。それを自身の義務、使命として受け入れている…」

この世界では戦争が尽きることはありません。中でもタンディウィ・“Melusi”・ヌドロブは極めて危険な戦場を選びました。環境保全活動は、昼夜を問わず行う監視や一触即発の危険が潜むにもかかわらず、正当に評価されていない活動です。従事する者は皆過酷な環境に身を置いており、ヌドロブも例外ではありません…

ACE(攻撃側)

メインウェポン

  • AK-12
  • M1014

サブウェポン

  • P9

ガジェット

  • ブリーチングチャージ
  • スモークグレネード

固有アビリティとプレイスタイル:S.E.L.M.A.アクアブリーチャー

ブリーチングという言葉を聞けば、大抵の人は激しい爆発を思い浮かべるかもしれません。ハンマーや電気を除けば、ほとんどの場合火力が使われてきました。しかし、Aceはその常識を変えようとしています。

S.E.L.M.A.アクアブリーチャーは、その名の通り水を使います。水圧によって破壊可能な壁や補強された表面を破壊することができます。破壊したい表面にシリンダーを投げると、S.E.L.M.A.が展開し、作動します。床や天井、ハッチの場合、爆発は1回だけですが、壁の場合はスペースがある限りシリンダーが下に回転していきながら3回爆発します。1回爆発するごとにきれいな長方形の穴が空きます。複数の穴を空けることで、オペレーターが通り抜けるのに十分なスペースを生み出します。

S.E.L.M.A.は非常に汎用性が高く、どんな高さの場所にでも投げることができるなど、多彩な能力を兼ね備えています。そのことを考慮すると、Aceは極めて頼りになるハードブリーチャーであると言えるでしょう。

MELUSI(防衛側)

メインウェポン

  • T-5 SMG
  • Super 90

サブウェポン

  • RG15

ガジェット

  • インパクトグレネード
  • 展開型シールド

固有アビリティとプレイスタイル:バンシーソニックディフェンス

足下に有刺鉄線があるわけでもないのに動きが遅くなったとしても、驚かないように。よく耳を澄ませてみてください。バンシーによって動きが鈍化しているのです。バンシーは音を発して、Melusiにプレイヤーがいることを知らせます。そうなれば安全な場所まで退避できる時間はほとんどないでしょう。

バンシーソニックディフェンスは、Maestroのイーヴィルアイのように表面に設置可能で、手動による操作は必要ありません。敵が一定の距離まで近付くと、自動的に作動して敵の動きを鈍化させます。破壊可能ですが、防弾性能を持つため、攻撃側が破壊するには特定のアイテムを使用したり、近距離から攻撃を加える必要があります。

バンシーの最大の利点は、一度設置するとMelusiだけでなくチームメイトも同様に使用できるという点です。

マップの刷新: 民家

ついに「民家」マップが大幅に刷新され、さらなる混戦を繰り広げることができるようになりました。できるだけそのカジュアルさを保つことに注力しながらも、よりバランスの取れた仕様にするためにいくつか変更点を加えました。

最初にご紹介する変更点は、民家自体のサイズです。今回の変更で、一部の既存エリアが広くなっただけでなく、南側の各階に2部屋ずつ、そしてそれらをつなぐ階段を含む新たなセクションが追加されました。新たなスペースが追加されたことによって、プレイヤーはより広々とスペースを使ってエリア内を移動できるようになります。また、AVルームと音楽室にも新たな爆弾エリアが追加されています。

他にも変更されたエリアはたくさんありますが、特に注目すべき点は以下の3つです。まずは、ガレージです。破壊可能なドアは1つのみで、アクセスの選択肢を増やすために新たなバリケードが追加されました。ただし、以前と変わらずディフューザーの設置は容易ではありません。次に、これまで作業室だった部屋がウォークインクローゼット付きの女の子の部屋に変わりました。最後に、建物の北側です。メインのドアがふさがれ、シャッターで閉じられていた窓が廊下に変更されたことにより、建物内の見通しが悪くなりました。

生まれ変わったこのクラシックマップでプレイする中で、他にも様々な変更点に気が付くでしょう。リビングと訓練用の爆弾エリアの代わりに、メインベッドルームと男の子の部屋が追加されています。また、ほとんどの床が破壊可能になったので、垂直方向の重要性が増しました。ハッチも、追加されたものもあれば取り除かれたものもあります。全体的に、より楽しく安全にプレイできるマップを目指して改良しています。

AMARUの変更点

Amaruは、常にアクロバティックかつダイナミックなキャラクターですが、私たちが望むほどは予測不能ではありませんでした。今シーズンは、彼女が自身の役割を果たすために必要なツールをいくつか提供する予定です。

フックのアニメーションやタイミングがよりスムーズになるのに加え、何よりも重要な変更点は、バリケードが破壊されるのは彼女が通り抜けた場合のみになる(ただし、以前と同様にフックで窓ガラスは割れる)という点です。今後は、上に移動する際に前もってハッチを破壊する必要がなくなり、1つのアクションで突入することが可能になります。

サブガジェット: センサーアラーム

新たなサブガジェットの調整が完了し、ようやく戦場にデビューする準備が整いました。この投擲式の付着型ガジェットは、情報収集ツールとして不可欠なものです。アンカーだけでなくローマーにも重宝されるでしょう。

センサーアラームは小型であることから、目的地に向かおうとする攻撃側の目に付きにくい場所に設置することができます。アラームが作動すれば、防衛側は混乱した敵を相手に優位に戦いを進めることができます。

統一MMRおよびチャンピオンランク

マッチメイキング評価システムも大幅に改善されます。地域の切り替えによるマッチメイキングの不正を防ぐため、各プレイリストを統一されたMMRに変更します。これにより、プレイする地域によってMMRが異なるということはなくなります。ただし、マッチメイキングランキングは引き続きプレイリストごとに区切られます。

この変更により、ランキングの対象が全世界となるため、現在チャンピオンランクにいる、または目指しているプレイヤーにとっては、トップに到達することがより挑戦しがいのあるものになります。加えて、チャンピオンは単に腕前が優れているというだけでなく、献身的な存在でもあるという側面を強調するために、このランクに到達するための条件を5000MMRに変更し、必要最低マッチ数を100としました。

エリートECHO

別世界や未来のオペレーターたちは何をしているだろうかと想像したことはありませんか? 彼らはそこでもレインボーの一員なのでしょうか? その世界でも善人のままなのでしょうか?

Echoのエリートセットでは、別世界の彼の姿を垣間見ることができます。そこでの彼は、英雄として街を統べる存在です。彼に立ち向かおうとする犯罪者は誰一人としていません。セットには、「天下無双」ユニフォーム、勝利アクション、YOKAIドローン用ガジェットスキン、SUPERNOVA、MP5SD、P229、BEARING 9用ウェポンスキン、「エリート チビEcho」チャームが含まれています。

オペレーターの価格引き下げ

今シーズンは、4人のオペレーターの価格が引き下げられます。今回は、AlibiとMaestroが15,000名声ポイントまたは350 R6クレジットに、NøkkとWardenが20,000名声ポイントまたは480 R6クレジットになります。

STEEL WAVEウェポンスキン

今回は、新たに2つのシーズンウェポンスキンが登場。それぞれのデザインで、また一味違った装備のコーディネーションをお楽しみいただけます。

ビンテージウッドに彫刻が施された「木彫り」スキンで戦場へ。

あるいは、「ビーチトリップ」スキンで、もう少しリラックスした雰囲気を。

これらのシーズンウェポンスキンはシーズン開始と同時にリリースされ、シーズンを通して購入可能です。解除したシーズンウェポンスキンは使用可能な全ての武器に適用できます。

情報元及びイメージ:Ubisoft, Ubisoft

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.