噂:「Grand Theft Auto」シリーズ最新作は2024年3月までに発売か、Take-Twoが提出したSEC報告書に気になる記載

2020年5月27日 11:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Grand Theft Auto VI」

先日、次の5年間で93本のフルタイトルリリースを計画中だと報じられ、多数の新規IPを含む内訳の内容が話題となった“Take-Two Interactive”ですが、Rockstar Games作品を含む人気フランチャイズの動向に期待が掛かるなか、新たに「Grand Theft Auto」シリーズの最新作が2023年4月1日から2024年3月末の2024会計年度中に発売されるのではないかと注目を集めています。

これは、“Take-Two Interactive”が先だって米証券取引委員会に提出したFORM 10-K書類(年次報告書)から浮上したもので、このドキュメントには2021会計年度から2025会計年度に掛けて支出を予定している開発/ライセンス費やマーケティング費用といった経費がまとめられており、2024会計年度のマーケティング費用として、8,926万ドル(およそ96億円)もの予算が計上されています。

「Grand Theft Auto VI」
参考:昨年と今年の提出資料で変化した広告費の変化、FY23の一部計画をFY24へ遅らせた様子が窺える
「Grand Theft Auto VI」
参考:最新のFORM 10-K書類に記載された会計年度別の各種予算

これは、来年度(2021)に計上済みの広告予算1,189万ドルのおよそ7.5倍、2023年度の予算4,091万ドルを2倍以上上回る、この年のみ例外的に突出したもので、今のところ予算の内訳に関する詳細は不明ですが、投資会社StephensのアナリストJeff Cohen氏は、ここまで大きな広告費を必要とする注目作の最有力候補として“Grand Theft Auto”シリーズの次回作を挙げています。

マーケティング費用の算定は、適宜更新されるためTake-TwoとRockstarの具体的な計画は不明ですが、“Grand Theft Auto”の次回作が存在すると仮定し、現行の計上予算を鑑みるに、2021~2023会計年度の間に“Grand Theft Auto”の新作が登場する可能性は(広告予算的に)高くないと言え、過酷な開発体制の見直しが見込まれるRockstar Gamesの新たな開発サイクルを含め、今後の動向に大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:VentureBeat, Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.