新たなエスカレーションやベヒーモスを導入する「Dauntless」の大型アップデート“虚無の喚び声”がまもなく配信

2020年6月11日 13:08 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dauntless」

先日、多彩な新コンテンツを導入する最新アップデートのリリース日が報じられた人気F2PアクションRPG「Dauntless」ですが、新たにPhoenix Labsが日本時間の6月12日に配信される大型アップデート“虚無の喚び声”(Call of the Void)の実装に先駆けて、闇エスカレーションや新ベヒーモス“トラクス”、ハントパス“遺物と遺跡”といった新コンテンツを紹介するプレスリリースを発行しました。

なお、前述のコンテンツを導入するパッチ1.3.0は、日本時間の6月12日午前2時にスタートする2時間のメンテナンスを経て実装されるとのこと。(参考:アップデート1.3.0のパッチノート

“Call of the Void”のローンチトレーラー

ドーントレス(Dauntless) 闇エスカレーション「虚無の喚び声」が6/12(金)、アップデート開始

2020年6月12日(JST)、カナダのゲーム開発会社フェニックスラボは、同社が運営する無料協力アクションRPG「ドーントレス(DAUNTRESS)」について、「虚無の喚び声」 アップデートを実施いたします。Nintendo Switch、Xbox One、PlayStation 4、Epic Games ストアで対応し、クロスプラットフォームにも完全対応しております。

本日公開されたアップデート第一弾、こちらは今年最大級の内容に当たります。

新たなエスカレーションとベヒーモス、ゲーム内の物語進化システム、訓練場機能の追加、「遺物と遺跡」ハントパスなど、様々な要素が追加されます。

「Dauntless」

—————

この”闇の深淵”とも呼べるようなものを見たことはなかった。

誰も見たことはない。少なくとも数百年の間は。 でもこの異常にエネルギーを帯びた島々にもかつては人がいた。 それが誰であったかは不明だけど、ここには彼らの”世界”が作られていた。 調査隊は、現地で見つかった文字の初期的な解読に基づき、彼らを「ヴォイドランナー」と呼んでいる。

調査隊の内の一人は、その響きが「カッコいい」と言っていたわ。

この島々は潜在的に致死的な濃度とも考えられる、最も危険なエネルギーによって繋ぎ止められていることがわかっている。メイルシュトロームがここの岩を意図的に街まで飛ばしてきたはずもないこともわかっている。巨大なエーテル嵐ですら意図的になにかをすることはない。そして、調査のためにオーレリーのチームを派遣する前に、何度も何度も島々の事前調査をしたこともわかっている。でもエーテルは私たちの意図などお構いなしに科学を捻じ曲げる。そしてその見た目にも関わらず、”闇の深淵”の実態は繋がった島ではない。これは元々は一つの島だった。いくつもの島に分かれてはいるけれど、それでも強力なエーテルの力により繋ぎ止められている。ここは一つの場所。一つの力。そして私が”帰る場所”として愛しく思っている街への一つの脅威。

—————

新たな「闇エスカレーション」では、奇妙な遺跡、闇のエネルギー、そして失われた文明が点在しており、また、浮遊諸島に潜む新たな脅威のベヒーモス「トラクス」へ挑戦ができます。

「トラクス」は、蛇のような形をしたベヒーモスで、ポータルを使ってあらゆる角度から攻撃を行うなど、全く新しい攻撃方法や戦闘パターンを持ちます。闇属性エスカレーションで「トラクス」に遭遇すると、対象のレジェンダリー武器の設計図が解放されます。レジェンダリー武器には、2つのプリズムセルスロットがあり、強力な効果を発揮します。

また、本アップデートの最大な特徴は、「ゲーム内で物語が進化していく」ことです。プレイヤーは本シーズンを通し、プレイヤー自身の選択が世界に大きな影響を与えることに気づくと共に、今後数週間を経て、世界と物語に大きな変化が現れます。7月にもコンテンツアップデートを予定しており、ビッグサプライズを用意しております。

また、「虚無の喚び声」では、プレイヤーがゲーム内でテストする為の訓練場機能も追加されました。戦闘のない安全な場所で、武器を簡単に手に入れ試したり、その紹介UIを見ることができます。また、ダメージとDPSが表示される様になり、スタッガー、パート、ワウンド、ベースダメージなどの分析ができる様になります。各武器やセルがどのように作用するかを分析できます。新規プレイヤーは武器を選んだ際に、武器のチェックリストを見ることができます。基本的な攻撃やコンボを通じて、様々な武器に慣れていただき、様々な武器について、より身近に感じていただける様になります。戦闘の詳細ヒントより、武器の戦闘アニメーションを見ることもできます。

「遺物と遺跡」ハントパスは、本日のアップデートの一環として開始しており、バウンティートークン、スキン、消費アイテムなど、最大50レベルの報酬を獲得できる様になります。

「ヴォイドランナー」をテーマにしたパスも発売されました。パスは、闇の深淵を包含したウルトラアーマースキンで、これまでのハントパスと同様に終了後も、宝物庫コインを獲得して使用することができます。

また、今回のアップデートでは、UXの向上なども含まれます。ベヒーモスやNPCの情報収集ジャーナルや、完全なロシア語ローカライズ版の追加等、UIを含む様々な改善と、より直感的なドッジングが追加されました。

その他、様々な追加、変更を行います。
詳細はこちらよりご参照下さい。

フェニックスラボについて

フェニックスラボは、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーに本社を置くゲーム会社です。カリフォルニア州マテオ、ワシントン州シアトルで2014年に設立された同社は、ゲーマーの情熱的なコミュニティのため、偉大なゲームが作られ、楽しんでいる方法を追及しております。私たちは、コミュニティが何年にもわたって共有できるような新しいAAAゲームの体験を創造することを目指します。私たちのデビュー作である協力(Co-op)アクションRPG「ドーントレス」は、バイオウェア社のベテランチームによって開発されています。ライオットゲームズ社など、高い評価を得ているスタジオで、2020年、フェニックスラボはガレナに買収されました。2009年にシンガポールで設立された世界的な消費者向けインターネット企業のリーディングカンパニーです。フェニックスラボのサイトをご覧になりたい方は、https://www.phoenixlabs.ca/ をご覧ください。

情報元及びイメージ:プレスリリース, Dauntless

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.