The Vanishing of Ethan Carterの礎となったPeople Can Flyの未発表アクションアドベンチャー「Come Midnight」のプレイ映像が公開

2020年7月20日 14:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Come Midnight」

PainkillerやBulletstorm、Fortniteといったタイトルで知られる“People Can Fly”が2000年代に開発を進めていたものの、発売直前の2006年にTHQが突如計画を中止したことで知られるサバイバルホラーアドベンチャー「Come Midnight」ですが、新たに本作の開発を率いていたThe AstronautsのボスAdrian Chmielarz氏がスタジオの公式サイトを更新し、“Come Midnight”の開発ビルドを撮影した貴重なゲームプレイ映像を複数公開しました。

1940年代のアメリカが舞台となるPS3とXbox 360向け“Come Midnight”は、死者と交信する能力を持つ私立探偵Mike Ellroyが誘拐された恋人を捜索する物語を描くパルプノワールなアクションアドベンチャーで、40年代の探偵小説やホラー小説にインスパイアされたストーリーや内製エンジンを採用したフォトリアルなグラフィックスを特色としていたものの、当時のTHQがヨーロッパ向けのビジネスから撤退したことで、キャンセルの告知すらないまま一切の連絡が絶たれ計画そのものが頓挫。その後本作はThe Astronautsのデビュー作である“The Vanishing of Ethan Carter”に多大な影響を与えたことで知られています。

また、公式サイトの“Come Midnight”特集に併せて、Adrian Chmielarz氏が本作の開発時に1年を掛けて作成した67ページの本格的な開発資料の一部が掲載されているほか、15ページに及ぶイントロシネマティックのストーリーボードが公開(参考:PDF)されていますので、興味がある方は当時の映像やアセットと併せて確認しておいてはいかがでしょうか。

現在、Painkillerの精神を継ぐ期待のダークファンタジーFPS“Witchfire”を手掛けているThe Astronautsですが、Adrian Chmielarz氏によると、いつか再びパルプノワール作品に戻りたいと考えているとのこと。

幼女の誘拐事件を描いたプロローグの導入映像
こちらはプロローグのゲームプレイ映像
本編チャプター1の導入映像
ボストンの街並みと冒頭のプロットが確認できるチャプター1のプレイ映像
参考:“Come Midnight”のデザインや時代背景が確認できるアートアセット映像
情報元及びイメージ:The Astronauts

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.