Dropsyを生んだJay Tholen氏が開発を手掛ける架空の90年代インターネットシム「Hypnospace Outlaw」のコンソール対応がアナウンス、発売は8月27日

2020年8月19日 14:00 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hypnospace Outlaw」

2016年9月のアナウンスとKickstarterキャンペーンの成功を経て、昨年3月にPC向けのローンチを果たし高い評価を獲得した架空の90年代インターネットシム「Hypnospace Outlaw」ですが、昨晩放送された最新の“Indie World Showcase”にて本作のコンソール対応がアナウンスされ、PS4とXbox One、Xbox Game Pass(コンソールとPC)、Nintendo Switch向けに2020年8月27日のローンチを予定していることが明らかになりました。

また発表に併せて、開発を率いるJay Tholen氏が、コンソール対応とゲームプレイのハイライトを紹介する新トレーラーが登場しています。

コンソール版“Hypnospace Outlaw”は、75を超える新しいWebページの探索や新たなカスタムカーソル/SFX/テーマ、“HypnOS”向けの新アプリとゲーム、小規模なストーリーアークとサイドキャラクター向けのコンテンツ、2時間を超える追加のオリジナル楽曲を含む“Hypnospace Plus”アップデートを特色としており、既存のPC版購入者向けの無料アップデートも予定されているとのこと。

傑作アドベンチャー“Dropsy”を生んだJay Tholen氏の新作“Hypnospace Outlaw”は、架空の1999年に存在する“Hypnospace”と呼ばれるネットスペースの監視を務めるモデレーターとなり、著作権侵害やネット上のいじめ、その他の迷惑行為を取り締まるインターネットシムで、かつてGeocitiesやAOLが一世を風靡した(身もだえするような)90年代インターネット文化の緻密な再現とデザイン、広大な“Hypnocoins”の探索、ゲーム内で使用するHypnOSのスクリーンセーバーやスキンを含む多彩なカスタマイズといった要素を特色としています。

情報元及びイメージ:Gematsu, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.