「The Division 2」のPS5とXbox Series X/S向け後方互換対応がアナウンス、“ザ・サミット”の字幕入りトレーラーとシーズン3情報も

2020年9月11日 9:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Division 2」

先日、100階建てのビルを踏破するエンドゲームPvEコンテンツ“ザ・サミット”や新装備のディテールをご紹介した「Tom Clancy’s The Division 2」ですが、今朝放送されたオンラインイベントUbisoft Forwardのプレショーにて、本作のプレゼンテーションが行われ、PS5とXbox Series X、Xbox Series Sを対象とする後方互換対応がアナウンスされました。

また、世代間のクロスプレイ対応を予定しているほか、“ザ・サミット”や新たなマンハントターゲットを含むシーズン3のディテール、TU11の変更点が報じられています。

“ザ・サミット”の日本語字幕入りトレーラー

『ディビジョン 2』拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」に新コンテンツ「ザ・サミット」搭載決定!

オンラインRPGゲーム『ディビジョン2』の拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」に新モード「ザ・サミット」が搭載されることが決定したことを発表いたします。

Ubisoft Forwardのプレショーにて『ディビジョン2 ウォーロード オブ ニューヨーク』に新コンテンツ「ザ・サミット」が搭載されることを発表いたしました。新モードはタイトルアップデート(以下TU)の一部で、9月22日からプレイが可能です。TU11の一環として、シーズン3の新マンハントも登場します。また、ゲームの核となる部分の大規模な改善を行います。

「ザ・サミット」とシーズン3は、拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」保持者に向けての提供となりますが、ゲーム全体の改善に関しては、プレイヤー全員が利用可能です。

ザ・サミット(「ウォーロード オブ ニューヨーク」プレイヤーが対象)

スクワッドまたはソロでプレイが可能な「ザ・サミット」は、100階建ての高層ビルが舞台です。フロアごとに異なるチャレンジや敵と対峙し屋上を目指します。そして、屋上には特別な戦闘が待ち受けています。ラリーポイント(恒久的なチェックポイント)を利用して、建物内の特定の場所を繰り返しプレイすることも可能です。

「ザ・サミット」は、シングルモードでの新たな体験を提供するとともに、毎回違ったチャレンジを行うことができるため、何度もプレイしていただけるコンテンツです。

TU11は9月22日に全プラットフォームにて無料で配信します。

シーズン3(「ウォーロード オブ ニューヨーク」プレイヤーが対象)

9月22日より、「ウォーロード オブ ニューヨーク」のシーズン3が、新たなマンハントと共にスタートします。プレイヤーは、新たなローグ集団を結成するため、ディビジョンエージェントを脱退した4人を引き入れたブラックタスクのリーダーであるバードン・ジェーファーに立ち向かいます。

シーズン3は、拡張コンテンツ「ウォーロード オブ ニューヨーク」の一部であり、3か月にわたって楽しむことができます。また、シーズン4ではおなじみの顔ぶれをまた見ることができるでしょう。こちらの詳細は後日発表いたします。

主な改善点(すべてのプレイヤーが対象)

TU11には、ゲームの核となる部分の変更と大規模な改善が行われます。これらの変更は9月4日から10日まで実施していたパブリックテストサーバーでテストしていました。

  • 外観MOD、見た目変更: 『ディビジョン2』の既存のキャラクターメニューに追加されるMOD。プレイヤーは通常の見た目や色を変更するだけでなく、装備の見た目そのものを変更することが可能になります。マスク、バックパック、チェスト、グローブ、ニーパッド、グローブ、ホルスター、すべてのアーマーギアが変更可能になります。プレイヤーが希望する外見に変えたり、セットアップのスタイルを変更することができます。外観MODは、レベル1~40のすべてのプレイヤーが利用可能です。
  • “レインボーギア”(コア特性、特性に赤、青、黄色の3色が混在するギア)の出現率が低下します。スキルブランド・ワイバーン用のアイテムに、そのスキルに関連した特性が割り当てられる確率が高くなるなど、ギアピースに対する特性の割り当てが改善され、コア特性と同じ特性がギアピース最初の特性に割り当てられるようになり、プレイヤーが“レインボーギア”を入手する確率が低下します。
  • Agnostic MODスロットを使用すると、マスク、チェスト、バックパックなどすべてのギアピースが変化し、どんなギアMODタイプも使用できるようになります。これによりプレイヤーは、MODスロットの再調整を犠牲にすることなく、赤ビルドにアーマー強化を付与することができます。

クロスジェネレーション

『ディビジョン2』は、Xbox Series X、Xbox Series S、PlayStation5との後方互換に対応することも発表します。これにより、新世代機でも『ディビジョン2』のプレイが可能になりました。さらに、次世代機とのクロスプレイ対応も予定されています。これは、プレイステーション4のエージェントがプレイステーション5のエージェントと対戦できることを意味します。また、Xbox Oneのプレイヤーは、XboxシリーズXとXboxシリーズSのエージェントと対戦することができます。

「The Division 2」
「The Division 2」
「The Division 2」
「The Division 2」
情報元及びイメージ:Ubisoft, Ubisoft, Ubisoft

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.