QuakeやDOOMにインスパイアされた「Prodeus」の早期アクセス版が発売、ローンチトレーラーも

2020年11月10日 11:27 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Prodeus」

先日、激しい戦闘やエディターを利用したレベルの作成を紹介するEarly Accessトレーラーが公開されたBounding Box Softwareの期待作「Prodeus」ですが、本日予定通り早期アクセス版の販売が開始され(Humble Bundle/Steam)、スピード感溢れるゲームプレイとゴア表現に焦点を当てるローンチトレーラーが公開されました。

“Prodeus”は、レトロなスタイルを現代的に再現したアートスタイルや激しいビジュアルシステム、3Dモデルの分割システム、壁を赤く染める夥しい流血システム、ペースの早いアクション、ダイナミックサウンドトラックといった要素を特色とするPC向けのFPSで、高いリプレイ性を維持するための継続的なサポートやレベルエディタの配信が行われる予定となっています。

なお、本作の開発を手掛けるJason Mojica氏は、かつてOverkillの“Payday 2”のリードレベルデザイナーを務め、Irrational Gamesの“BioShock Infinite”、Raven Softwareの“Wolfenstein”や“Singularity”、“Call of Duty Online”といった作品のレベルデザイナーを務めた人物で、もう1人のMichael Voeller氏はRavenやid、Bluepointでエフェクトアーティストを務めたベテランとして知られていました。

Prodeusは現代のレンダリング技術を駆使して古いスタイルを再現したFPSゲームです。技術的に制限されたレトロなビジュアルを維持しながら、高品質なゲーム体験を実現しました。

FPS業界のベテランが手掛けた手作りのキャンペーン、完全に統合されたレベルエディターのほか、ビルトインのコミュニティマップブラウザで瞬時のアクションやほぼ無制限のレベルが楽しめます。

さあ派手に暴れましょう。待ちに待ったレトロFPSゲームの到来です。

■ アートスタイル

  • ハイクオリティ7Dアートとレトロなレンダリング技術を組み合わせたビジュアル
  • 過度の視覚効果(爆発、血、グロ表現など)
  • 果てしない流血シーンと大満足の血まみれバラバラ具合

■ ゲームプレイ

  • 直感的で魅力的な戦闘シナリオ
  • 強力な兵器
  • Andrew Hulshultによるダイナミックなヘビメタのサウンドトラック
  • 数々の秘密を解明

■ リプレイ可能

  • ビルトインのコミュニティマップブラウザ
  • 最新式ながらも使いやすいレベルエディター
  • 難易度とモード多数、オンラインのハイスコア対応
情報元及びイメージ:PC Gamer, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.