異形の木造多脚機械が闊歩するオープンワールドサバイバルMMO「Last Oasis」のXbox対応がアナウンス、発売は2021年Q1

2020年11月17日 23:41 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Last Oasis」

彫刻家で物理学者のテオ・ヤンセン氏が生んだストランドビーストにインスパイアされた巨大な木造多脚機械のデザインや大規模な戦闘が大きな注目を集め、今年3月にSteam Early Access版のローンチを果たしたDonkey CrewのオープンワールドサバイバルMMO「Last Oasis」ですが、新たにDonkey CrewとMicrosoftが本作のXbox OneとXbox Series X|S対応を正式にアナウンスし、2021年Q1のリリースを予定していることが明らかになりました。

また、シーズン2の開幕スケジュールがアナウンスされ、11月22日CET午後5時、日本時間の11月23日午前1時にサーバのワイプが行われるとのこと。

「Last Oasis」

ラストオアシスはノマドスタイルサバイバルMMOだ。地球が自転を止め、最後に生き残った人間達は広大なオープンワールドで灼熱の太陽から逃れなければならない。

ウォーカー

ウォーカーで世界を流浪しよう。テオ・ヤンセン氏の作品、ストランドビーストにインスパイアされた木製の風力稼働マシンだ。ウォーカーは旅や移動、収穫、そして戦闘が可能な移動型基地。多種の構成、外付け機能、そしてアップグレードで必要な機能を持たせ、二つとない自分だけのウォーカーを作り上げよう!

灼熱の太陽

太陽は西の大地を焼き尽くし、荒れ地へと変えた。照りつける太陽から逃れるため、ノマド達は東の地平線にゆっくりと姿を現す新たな領域へと歩を進めなければならない。そこは長い間、分厚い氷に覆われていた土地だ。

はじまり

激動の地殻変動により自転が止まった後、地球は二つの両極端な環境に分かれることとなった。焼け付く大地と凍てつく大地の間にあるわずかな領域でのみ、生物は生き残ることができる。この領域は地球の公転と共に移動するため、生き残るためには移動を続けなくてはならない。そのため、生き残った人類は流浪生活に適した 機械を造り上げ、フローティラという移動都市を築いた。

生存と繁栄

世界に残された物を利用して生き残ろう。水源を探し、恐ろしいクリーチャーを狩り、略奪者を追い返し、幻覚作用のあるビタミン剤を蒸留し、隠されたウォーカーのテクノロジーを発見するのだ。風力を利用する自律型機械も建造しよう。ボロボロの流浪の商人から、最強の傭兵、ウォーカー司令官、あるいは伝説級の豪商に上り詰められるか。

プレイヤーによる経済取引

発見されたオアシス間には取引ネットワークが存在する。プレイヤーの行動で動くグローバルな経済状況では、頭が切れ行動が素早い商人が有利になり、需要と供給を利用して大きな利益を得る。他のノマドは、特定の場所にしか存在しないレアな資源を生産したり、狩ることもできる。だが、常に潜在的なライバルを先に考慮することが賢明だろう。他のクランの運営を脅かしたら、次に狙われるのは自分かもしれない。

MMOレベルの世界の旅と放浪

広大なオープンワールドは、それぞれが100平方キロメートル以上の広さを持つ相互に繋がった多数のオアシスで構成されている。数はプレイヤーベースの大きさに応じて自動調整されるため、何千ものオアシスが同時に存在する可能性も捨て切れない。世界を旅して限られた資源を奪い合う一方で、新しくユニークな生物群を発見しよう。立ち止まって水を採取しているノマドがいるかもしれない。一時的に定住する者もいるだろう。しかし結局は、誰もがにじり寄る太陽から逃げ延びるために東への旅を続けなくてはいけない。

オフラインレイドなし

地球上に残された、生物が住める数少ないオアシスの間に広がる荒れ地は安全でオープンな砂漠だ。近くのオアシスへの旅で通るのはもちろん、自分のウォーカーを隠して持ち物を安全に保ったままログオフできる。

近接戦とウォーカー戦

ラストオアシスでは、ダイナミックなスキルベースの指示型近接戦闘を採用。ノマド達は片手剣や両手剣、メイス、斧、巨大な棍棒など、様々な武器を選ぶことができる。遠距離戦が好みなら、バリスタ、スキャターショット・ガン、リピーター、さらには巨大スリングショットなどでウォーカーをカスタマイズしよう。一つの武器に特化するか、それとも全てをマスターして万能の戦士になるか。それは、あなた次第だ。

基地の建設

移動できる基地を作るか、より長持ちする要塞を築いて敵対ノマドや野生動物から身を守ろう。石壁は素晴らしい防御力を得られる一方、軽量な木製の建築物は一回り大きいウォーカーに格納して移動することができる。

ソロプレイ

個人や小規模のグループなら、クランとして繁栄できるチャンスが多数ある。クランは領地を支配したり経済を牽引できるが、抜け目ない商人や百戦錬磨の傭兵、すばしこいハンターや略奪者は、よりソロプレイに適しているだろう。ソロでも十分に楽しめるものの、ボイスチャットなどのソーシャル機能で新しい友達を見つけたり、強大な敵を倒すために手を組んだりすることも簡単にできる。

クランと戦争

クランを育て、存在感と経済力を高めよう。地域を支配すれば、うろつくノマド達が集めた地元の資源で補給を行い、報酬を手に入れられる。自分の獲得した物を守るために同盟を作るのも有効だ。戦争はいつ起きてもおかしくない。敵対クランはプレイヤーの支配権を狙ったり、作ったり建てたりした物全てを奪おうとする脅威だ。

グラップリングフック

縦方向の移動をマスターしよう。ノマド達は皆がグラップリングフックを持っている。ほとんどのプレイスタイルで使える道具だ。これは純粋なプレイヤースキルで、ごく小さな岩を登るのに苦労する人もいれば、最速ウォーカーより速く森をスイングで越えられる人もいる。

サンドウォーム

「長き物」とも呼ばれる徘徊クリーチャーで、ノマドが遭遇したらひとたまりもない脅威。ウォームはひどく貪欲だ。ひとたびウォーカーに狙いをつけると、他の物は一切目に入らない。こいつを倒すには、熟練のノマドハンターが力を合わせるしかない。十分な準備をせずにサンドウォームの縄張りに入ることは、確実な死を意味する。もしハンターが仕留めたとしたら、発酵サボテンの入った樽をいくつか開けることになるだろう。乗組員全員が裕福に、かつ強くなるのに十分な量の、極めて入手困難な資源―それを手を入れられたのだから。

情報元及びイメージ:Steam, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.