ホーメイやニッケルハルパ、多彩な打楽器と共に奏でられる「The Pathless」のサウンドトラックに焦点を当てる開発映像が公開、コンポーザーは風ノ旅ビトのAustin Wintory氏

2020年11月5日 18:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Pathless」

2020年11月12日の海外ローンチがいよいよ目前に迫るGiant Squidの期待作「The Pathless」ですが、新たにSIEが“風ノ旅ビト”でお馴染みコンポーザーAustin Wintory氏の楽曲と収録に焦点を当てるプレビュー映像を公開しました。

トゥヴァ共和国の伝統的な民族楽器やホーメイの達人であるAlash Ensembleをゲストに迎え、ニッケルハルパや馬頭琴、ウード、イギル、多彩な笛や打楽器を含む数々の民族楽器をはじめ、素晴らしいホーメイの歌声、そして本格的なオーケストラによって奏でられる国際色豊かでエキゾチックな楽曲が確認できる最新映像は以下からご確認ください。

Annapurna Interactiveがパブリッシャーを務める“The Pathless”は、Giant SquidがAbzûの完成直後から開発を進めていたアクションアドベンチャーで、弓術や鷹狩りをモチーフにしたメカニクスやアクロバティックなアクション、もののけ姫を想起させるトライバルな世界を特色としています。

参考:先日公開された“The Pathless”の本格的なゲームプレイ映像

呪われた森で繰り広げられる神秘のアドベンチャー

『ABZÛ』のクリエイターが贈る神秘的な雰囲気のアドベンチャー『The Pathless』。

弓の達人、ハンターになって世界を覆う闇の呪いを解こう。相棒となる鷲との絆を深めながら、謎に満ちた島の広大な森を探検。古代の遺跡でパズルを解き、壮絶な戦いで技を試す。君の使命はおぞましい悪霊を狩られる前に狩ること。しくじれば、鷲との絆が断たれ、世界は闇に沈む。

情報元及びイメージ:PlayStation.Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.