BioWareがお披露目した「Mass Effect」新作のティザーイメージに興味深い発見、トリロジーとAndromedaの要素が混在か

2020年11月10日 18:06 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mass Effect」

先日、N7 Dayの到来に併せてBioWareのベテランチームが開発を手掛ける最新作の話題が報じられた「Mass Effect」シリーズですが、海外では早速最新作のティザーイメージに関する調査が進められており、“Mud Skipper”と名付けられたコンセプトアートに“Mass Effect 2”と“Mass Effect: Andromeda”のアセットが使用されているのではないかと注目を集めています。

「Mass Effect」
参考:4人のシルエットを拡大したもの、空に浮かぶ二連星を眺めているように見える

これは、コンセプトアートに描かれた4人分のシルエットに着目したもので、特徴的な右2人のシルエットがサラリアンとドレルであることは明白ですが、どこか見慣れたポーズが“Mass Effect 2”のキャラクター選択画面におけるモーディンとセインのイメージを反転させたものであることが判明しています。

一方、フック状の手を持つ一番左の人物は全く不明ですが、がっしりした左から2番目のシルエットは“Mass Effect: Andromeda”に登場したエイリアン“Angara”のように見えます。

「Mass Effect」
参考:シルエットとME2のメニューを比較した画像、セインとモーディンを反転させたものであることが分かる
「Mass Effect」
参考:Mass Effect Andromedaに登場したAngara、Jaalのコンセプトアート

コンセプトアートの4人が、単にこれまでのアセットを仮に配置した意味の無いものである可能性は十分に考えられますが、仮にこの並びが意味を持つ場合、“Mass Effect: Andromeda”をプレイした方ならご存じの通り、クォリアンのArkに乗ったドレル達はアンドロメダ銀河に到着しておらず(詳細は小説“Mass Effect Andromeda: Annihilation”に詳しい)、一方でアンガラはアンドロメダ銀河固有の種族です。現段階でトリロジーの舞台である天の川銀河と、Mass Effect: Andromedaのアンドロメダ銀河は相互に行き来していないことから、シルエットの並びに意味がある場合、このロケーションはドレルの誰かが到着したアンドロメダ銀河か、もしくは銀河間の往来が可能となりアンガラがやってきた天の川銀河のどこか、もしくはドレルとアンガラの両方が同時に到達できるどこか別のロケーションということになります。

来るシリーズ最新作がどういった作品になるのか、その詳細は全く不明ですが、アンドロメダ銀河の冒険を再び継続するか、それともオリジナル三部作の精神を継承する天の川銀河の物語が改めて描かれるか、今後の動向に改めて期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.