不気味な古代寺院を探索する新作ローグライトアクション「Curse of the Dead Gods」のローンチトレーラーがお披露目

2021年2月24日 11:47 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Curse of the Dead Gods」

先日、本格的な解説トレーラーがお披露目されたPasstech Gamesの新作ローグライトアクション「Curse of the Dead Gods」ですが、本日予定通り製品版1.0とコンソール版(PS4/Xbox One/Nintendo Switch)の販売が開始され、Focus Home Interactiveが不気味な古代の寺院の探索やスピード感溢れるゲームプレイを紹介するローンチトレーラーを公開しました。

なお、“Curse of the Dead Gods”の製品版1.0(実際は1.23)は、3種の寺院をミックスする“mixed”や新たなハードモードと選択メニュー、新武器の弓“Effulgence”と盾“Sunderer”、“Evasive Knives”、Steam向けの30種の実績、広範囲なバランス調整、多彩な修正と改善を特色としています。

無限の富、永遠の命、神の力を求めていたあなたは、底なしの穴、命とりの罠、怪物が這いまわる無限の迷宮のような呪われた寺院にたどり着く

神秘的な遺物や武器を集めて、無敵になろう。火を噴く彫像、爆発物、飛び出すスパイクなど、様々な種類の罠や秘密が隠された暗い洞窟のような通路で、敵の大群と戦おう。

動くたびに体の中に腐敗が蓄積していく。活かすも、無視するも自分次第。どんなに強力な呪いだって諸刃の剣になる。

自らの貪欲に従えば死を迎えるだろうが、死は逃げ道とはならない。再び戦うために立ち上がれ。もう一度深みを目指せ。この地に眠る悪しき神々に抗うのだ。

主な特徴

  • 無限に続く部屋と廊下で構成された残酷で暗い寺院を探索するスキルベースのローグライクゲーム
  • 剣、槍、弓、銃などを振り回そう
  • 暗闇に隠れる脅威に立ち向かう際に、一番役に立つのは光と炎
  • アクションに変化を及ぼし、体のあらゆる部分に影響を与えるユニークな呪い
  • 数十種類の敵、強力な闘士と最恐なボスとの対決
情報元及びイメージ:Steam

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.