Phil Spencer氏が「Bethesda」作品のXbox/PC独占について自身の見解を提示、目標はXbox Game Pass向けの独占タイトルリリース

2021年3月12日 18:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Bethesda」

先日、Microsoftによる買収の完了が予定を大幅に前倒し報じられ、正式にXbox傘下となったBethesda Softworks(ZeniMax Media)ですが、本日未明に放送された“Bethesda Joins Xbox – Roundtable”にて、お馴染みPhil Spencer氏がBethesdaの買収に伴う“Bethesda”タイトルのXbox/PC独占について言及。発表済みの新作や今後登場するタイトルについて興味深い見解を明らかにしました。

参考:ラウンドテーブルのアーカイブ、独占に関する質問と回答は8分45秒から

これは、ファンから多く寄せられている“Bethesda作品の独占”についてどう考えているか、というPete Hines氏の質問にPhil Spencer氏が答えたもの。Phil Spencer氏は、多くの質問をもらっていることから、できるだけ明確に伝えたいと前置きした上で、全てのBethesda作品が独占になるとは言えないと明言し、既存の契約に対する義務を全うするつもりだと説明。

続けて、他のプラットフォームで発売されているゲームについて、今後もサポートを継続するだけでなく、そこに存在する愛すべきコミュニティにも投資を続けていくと語ったPhil Spencer氏は、将来的に別のプラットフォーム上で契約上の課題や時代にそぐわない問題が生じるかもしれないが、これについても対応していくと強調しています。

一方で、Xboxの消費者に対する取り組みについて語ったPhil Spencer氏は、今回の独占がそもそもGame Passの対応プラットフォームに優れた専用タイトルを届けるためのものだと語り、これを実現するためのパートナーシップを構築したと強調。前述した既存の契約が終了すれば、今回の提携はXbox史上最高のものになるだろうと説明しました。

つまりPhil Spencer氏の発言は、PS5向けの時限独占を有する“Deathloop”や“GhostWire: Tokyo”をはじめ、既存のPS対応タイトルが買収の影響を受けない一方で、まだ契約が存在しない将来のタイトルについては、Game Pass(つまりXboxとPC、クラウド)向けの独占タイトルとなる可能性を示唆しており、これが将来のFalloutやThe Elder Scrollsにどういった影響を与えるか、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

なお、今回の放送において、新作に関する情報は提示されませんでしたが、今年の夏にはMicrosoftとBethesdaによる特別なショーケースの実施が決定しており、今後の新作に関する多くの発表が行われるものと見られています。

情報元及びイメージ:Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.