発売が迫る期待作「バイオミュータント」の美しい世界や迫力の戦闘が確認できる本格的なプレイ映像が公開、多数の新情報も

2021年5月5日 23:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Biomutant」

本日、“スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け”を見事に再現した新トレーラーをご紹介したExperiment 101の期待作「バイオミュータント」(Biomutant)ですが、2021年5月25日の世界ローンチが目前に迫るなか、先ほど本作のハンズオフプレビューが解禁され、バリエーション豊かな美しいオープンワールド環境や柔軟なキャラクターカスタマイズ、遠距離攻撃と近距離格闘、移動アクションを自在に交えながら流れるように繰り広げられる戦闘など、非常に楽しそうなゲームプレイ映像が登場しました。

また、プレビューの解禁に併せて幾つか未見のディテールが判明しています。

Game Informerが公開したゲームプレイ映像
こちらはキャラクタークリエイトの詳細が確認できる映像
PC Gamerのプレビュー、概ねGIと同じ映像だが幾つか未見のシーンが確認できる

■ 新たに判明した主な新情報

  • “バイオミュータント”のストーリーは主に3つの柱で構成される。
    • 主人公が何者で、どうやってこの世界にやってきたのか、その出自を巡る物語。
    • 生命の源“Tree of Life”の運命。この樹は4人の破壊的な存在“World Eater”によって腐敗しつつある。
    • ゲーム内に登場する6つの勢力が対立する部族戦争。
  • 主人公の血統は、前述の6つの種族(PrimalとDumdon、Rex、Hyla、Fip、Murgel)から選択可能。各種族は固有の特性や利点を持っている。(例:Hylaは回復力が高く、他の種族よりもダメージ吸収に秀でる)
  • 主人公のステータスは6種(Vitality、Strength、Intellect、Charisma、Agility、Luck)、この調整によって主人公の外観が物理的に変化し、ステータスを視覚的に反映する。
  • この他、遺伝的な耐性が選択可能。耐性はHeatとCold、Biohazard、Radioactivityの4種に分類され、それぞれに対応したバイオームが登場する。(今回のプレビュー映像にて、危険なBiohazardゾーンとRadioactiveゾーンが確認できる)
  • 主人公のクラスは以下の5種。各クラス毎にスタータースキルとパークが異なる。
    • Dead-Eye:概ね万能型のクラス。パーフェクトリロードスキルによって射撃武器を瞬時にリロードできる。
    • Commando:射撃に追加ダメージが付与される、銃撃戦に最適なエリート兵士。
    • Psi-Freak:ライトニングボールを射出したり、エネルギーの再生能力を高めることが可能なサイキッククラス。
    • Saboteur:二刀流の近接格闘スキルを持ち、高い回避率を誇るステルス特化クラス。
    • Sentinel:ベースアーマーを強化したタンク職。
  • 舞台となる広大なオープンワールド世界は7種のバイオームで構成される。これには前述の耐性に対応した環境が含まれる。また、地下には下水道のネットワークも存在している。
  • 耐性はスキルポイントで強化可能。耐性が高いほど対応する環境で長く活動できる。耐性を100%まで高めると、ペナルティなしでそのゾーンが探索可能となる。また、特定の環境での活動を支援する装備も存在する。
  • 本作には、“Aura”と呼ばれるモラルシステムが存在する。プレイヤーの選択は光と闇のいずれかに分類されるが、これは“正しさ”と“間違い”の指標ではなく、置かれた状況に対するアプローチの差となる。
  • 本作はマルチエンディングで、プレイヤーの決断と4人のWorld Eaterに対する対処によって2つの大きく異なるエンディングが存在する。加えて、部族戦争との関わりによって幾つか異なる結末が待っている。
  • NPCは、クエストを提供するだけでなく、隠されたダンジョンやその他の秘密を教えてくれる重要な存在。
  • オープンワールド世界には探索することで報酬が得られるランドマークや様々な情報を記載した掲示板が存在する。
  • 隠された報酬や新たなサイドクエストを見つけるための偵察に用いられる小さなバッタ型のロボット“Automaton”が登場する。
  • 複数の環境パズルが用意されている。今回のプレイ映像にはオブジェクトを回転させロックを解除するパズルが登場している。
  • 探索中に入手した部品や材料を使用し、武器や近接武器、防具を作ることができる。Experiment 101によると、射撃武器だけで2億通りの組み合わせがあるとのこと。また、クラフトはメニューからいつでもアクセスでき、作業台に出向く必要なない。ただし、装備のアップグレードに用いられる作業台も存在する。
  • 武器や装備品に劣化の要素はない。
  • 5種のロードアウト(武器や防具の組み合わせ)が作成可能。また、1ボタンで瞬時にロードアウトを切り替えることができる。
  • フォトモードが用意されている。
  • 本作は完全なシングルプレイヤー作品で、マルチプレイヤー要素はない。
  • 現段階でローンチ後の追加コンテンツは予定されていない。Experiment 101は製品版の品質を高めることのみに注力しているとのこと。
  • マイクロトランザクションは、予約特典として入手可能な6番目のクラス“Mercenary”のみ。“Mercenary”は発売後一定期間が過ぎたあとで販売される。これ以外のマイクロトランザクションは存在しないとのこと。
「Biomutant」
「Biomutant」
「Biomutant」
「Biomutant」

Biomutantの概要

BIOMUTANT®は、文明崩壊後の世界を舞台にしたオープンワールド・アクションRPG。ユニークなマーシャルアーツと剣術や射撃、ミュータントの特殊能力を組み合わせたバトルが楽しめる。

大地は病み、生命の樹はその根から弱り死にかけている。種族は分断し対立。混迷する世界を探索し、その運命を決める者は、果たして救世主か、それとも世界をさらなる闇に突き落とす破壊者か……

特徴

三人称戦闘の新機軸

マーシャルアーツスタイルの戦闘システムでは、射撃、近接攻撃、およびミュータント能力を組み合わせ、敏捷な機動力で最大限の自由度を実現。ゲームの進行や多くの師匠との出会いを通じて、新たなワン・フーの戦闘術を習得することで戦闘の選択肢は無限に広がり、決して飽きることのないバトルを楽しめる。

ゲームプレイを進化させろ

遺伝子構造を再コーディングすることで、外見とプレイスタイルを変更することが可能。当然、これは能力値にも影響する他、世界に点在するバイオ汚染に接触することで、タートルフォームや粘液バブルといった突然変異に至ることもある。また、旧世界のバンカーに存在する放射線に接触すると精神に影響し、テレキネシスやレビテーションなどのサイキック・ミューテーションがアンロックされる。

別次元のクラフト

武器のクラフトは完全に自由に行える。部品を混ぜたり組み合わせたりして、独自の片手/両手持ちのスラッシュ武器やクラッシュ武器を作ろう。リボルバー、ライフル、ショットガンや、コルクスクリューやバッテリー駆動のチェーンソーモジュールなどの改造パーツをバイオ汚染スラッジバイアルに取り付けて装備を充実させよう。また、ゲーム内で出会うキャラクターの中にも、バイオニック・ウィングやジャンプ・パックなどの便利な道具を作ってくれる者や、スクラップ機械の相棒、オートマトンの改造をしてくれる者もいる。

冒険に備えて装備を整えよう

キャラクターの装備も完全に自由に整えられる。作成した武器の選択だけでなく、装着する装備品の種類まですべて自由だ。デッドゾーンの探索時にはガスマスクと酸素タンクを装備し、寒冷地域には断熱服を着て突入、バイオ汚染生物との対決には防護装備を着用するなど、選択はプレイヤー次第だ。

鮮やかなオープンワールドで生き延びろ

世界とその表面下に潜むものを、徒歩で、メカで、ジェットスキーで、気球で、そしてエリア独自の乗り物に乗って探索しよう。死に逝く荒野、地下世界に編み目のように張り巡らされたトンネルやバンカーを駆け巡り、山脈や列島までたどり着こう。この色鮮やかな世界には、多くの発見や謎が眠り、たくさんの敵やおかしな仲間たちとの出会いが待ち受けている。

奇妙な結末の奇妙な物語

終末が近づきつつある新世界の行く末に、あなたの行動は大きな影響をもたらす。疫病が大地を蝕み、生命の樹は根元から生気をなくし枯れ果てようとしている。諸トライブは分断し、皆を団結させるか、すべてを打ち倒せるほどの強き力をもつ誰かの登場を待ち望んでいる…

旅の一歩一歩を解説する語り部に導かれ、あなたはこの世界を進んでいく。だが、その生存の物語の結末を決めるのは、あなたの行動と選択に他ならない。

情報元及びイメージ:Game Informer, Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.