期待作「Elden Ring」の基盤となる神話を構築したジョージ・R・R・マーティンが世界設定の重要性に言及

2021年6月21日 13:18 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Elden Ring」

先日、待望のお披露目を果たし、黄金樹の下に広がる舞台“狭間の地”や砕かれた指輪の力に狂ったデミゴッド達を含む重厚な設定、巨大なダンジョンを含むオープンフィールドの採用など、様々なディテールが報じられているフロム・ソフトウェアの期待作「Elden Ring」ですが、新たに本作の基盤となる世界観や神話の構築を手がけたお馴染みジョージ・R・R・マーティンがシカゴのTV局wttwのインタビューに応じ、“Elden Ring”開発への参加について興味深い見解を明らかにしました。

一見、似ているようにも思えるファンタジー小説とビデオゲーム関連の執筆にどんな違いがあるか、との質問に答えたジョージ・R・R・マーティンは、自身が幾つかのゲームをプレイした程度で、熱心なゲーマーではないことを前置きした上で、この2つが全くといっていいほど違うものだと発言。ビデオゲームの開発には、映画のように長い時間が必要だと語った氏は、フロム・ソフトウェアがゲームの舞台となる世界を共に作り上げたかっただけでなく、ファンタジーやサイエンスフィクションと同様に世界観の構築が極めて重要な柱になると考えていたと語り、自身の作業は数年前に完了していると伝えています。

また、自身が“Elden Ring”に取り組んだアプローチとして、キャラクターやプロットに匹敵するほど“設定”が重要だったと語ったジョージ・R・R・マーティンは、その例としてトールキンの指輪物語における中つ国、ロバート・ハワードの英雄コナンシリーズにおけるハイボリア、そしてアシモフの銀河帝国興亡史におけるファウンデーションを挙げ、自らが“Elden Ring”の詳細なバックグラウンドを構築し、それをフロム・ソフトウェアが引き継いだと説明。フロムがデザインしたモンスターやクールなあれこれを定期的に目にしてきたと語ったジョージ・R・R・マーティンは、数年に及んだフロムとの関係を振り返り、2022年1月の発売を誰よりも楽しみにしていると強調しています。

参考:wttwが公開したジョージ・R・R・マーティンのインタビュー映像、Elden Ringに関する言及は2分50秒あたりから
ちなみに御大が“Elden Ring”を“Dark Souls”の続編と呼んでいるのは単なる勘違い(のはず)
なお今回のインタビューには、初期のキャリアやHBOドラマ“Who Fears Death”への参加に関する言及も見られる
参考:先日公開された“Elden Ring”のゲームプレイトレーラー
情報元及びイメージ:WTTW, PCGamesN

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.