Categories: culture

映画「ボーダーランズ」は続編のサプライズで終わる可能性がある、Randy Pitchford氏が発言

先日、遂に撮影が終了し、Craptrap(ジャック・ブラック)の外観がお披露目された映画「ボーダーランズ」ですが、プリプロの動向と進捗に期待が掛かるなか、新たにGearboxのRandy Pitchford氏が映画のエンディングについて言及し、続編を含む何らかのサプライズで終わる可能性があることを明言しました。

これは、映画の最後にハンサム・ジャックが登場するエンディングの可能性は60%と発言したAnthony Burch氏(※ “Borderlands 2”のリードライターでお馴染みAshly Burchの実兄、2015年にGearbox退社済み。現在はSIE Santa Monica Studio所属)に対し、Randy Pitchford氏がちょうどいい確率だと答えたもの。

Randy Pitchford氏は、エンディングのサプライズに選択肢を用意すべく色々な撮影を行ったと語り、実際に何かが行われる場合には、イーライ・ロス監督の意向を全面的に支援するつもりだと伝えています。

既に、ローランド役のケヴィン・ハートが続編の可能性を示唆している映画“ボーダーランズ”ですが、既に1作目のヴィランはエドガー・ラミレス扮するアトラス社の社長Deukalian Atlasであることが判明しており、Gearboxやイーライ・ロス監督が映画版ユニバースにどんな構想を用意しているのか、まずは1作目の完成と成功に大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:GameSpot