噂:サイバーパンク都市を探索するネコを描く期待作「Stray」が近くリリースか、韓国のレーティング審査を通過

2022年4月7日 22:35 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Stray」

かつて、UE4のフォトリアルな技術デモで知られる人気アーティストKoola氏とフランス人アーティストViv氏が開発を手掛ける実験的なプロジェクトとして2015年に計画が始動し、昨年7月には本格的なゲームプレイ解説映像が登場した期待のネコゲーム「Stray」(旧:HK)ですが、2022年初頭の発売が待たれるなか、新たに本作が韓国の公的レーティング審査機関GRAC(ゲーム物管理委員会)の審査を通過し、いよいよ発売が近いのではないかと注目を集めています。

“Stray”は、12歳以上対象タイトルとして審査を通過していますが、今のところ具体的なリリース日は明かされておらず、続報が待たれる状況となっています。

参考:昨年公開されたゲームプレイトレーラー
“Stray”はPS4とPS5、PC向けの新作として2022年初頭の発売を予定

家族からはぐれ、見知らぬ世界に迷い込んだ一匹の野良猫。この長い間忘れ去られたサイバーシティから脱出するため野良猫に求められていること…それは古代から解き明かされていない謎を解明することだ。

『Stray』の舞台は細部まで緻密に描写された衰退したサイバーシティ。ネオンサインに照らされた路地やダークな雰囲気に包まれたさびれた裏通りを縫うように歩く猫をプレイヤーは第三者視点で追っていく。猫になど見向きもしない人造人間と危険なクリーチャーだけが生活する招かざる者を寄せ付けないこの世界で、高い所へ登ったり、低い所を歩いたりしながら、予期せぬ脅威から身を守り、この異世界の謎を解明せよ。

野良猫の視点でこの世界を観察し、頭を使ってこの環境に慣れるんだ。時には忍び足で、時にはすばやく、場合によっては滑稽な動きが求められる。そして時にはうんざりするほどしつこいこの異世界の奇妙な住人たちに対処しなければならないこともある。

途中、猫は「B12」と名乗る空飛ぶ小型ドローンと友達になる。新たに出会ったドローンとタッグを組み、助け合いながらこの異世界からの脱出を目指すんだ。

開発者はフランス南部を拠点にゲームを制作する少数精鋭のクリエイター集団BlueTwelve Studio。『Stray』は、クリエイターよりも猫の数が多いチームが手掛けたオリジナルタイトルだ。

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.