18世紀のヨーロッパを舞台にカードのいかさまと詐欺の物語を描く「Card Shark」の国内Nintendo Switch版が発売

2022年6月2日 11:20 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Card Shark」

昨晩、フランス全土を共に旅しながら、いかさまで金銀財宝を騙し取るサンジェルマン伯爵と主人公の姿を描くアニメーションローンチトレーラーをご紹介したNerialとArnaud De Bock氏の期待作「Card Shark」ですが、新たにDevolver Digitalがプレスリリースを発行し、本作のNintendo Switch版発売をアナウンス。国内のニンテンドーeショップにて購入可能となりました。(Steam版の発売は本日深夜)

参考:国内向けのアニメーションローンチトレーラー

学び、欺き、勝利せよ。トランプのイカサマを駆使してフランスの頂点を目指せ!『Card Shark』Nintendo Switch™️ / PC(Steam)版リリースのお知らせ

本日 Devolver Digital は、18世紀のフランスを舞台に暗躍するイカサマ師をテーマにしたアドベンチャーゲーム『Card Shark』を、Nintendo Switch™️にてリリースいたします。また、深夜には PC(Steam)版がリリースされる予定となっております。

時は18世紀のフランス、口のきけない一人の青年が酒場の女主人にこき使われる日々を送っていました。ある日、酒場を訪れた怪しげな男と出会ったことで、彼の運命は大きく変わることになります。色鮮やかに描かれる絶対王政期フランスの絢爛な貴族社会と、その影に隠れた王室の秘密をめぐる物語を、ぜひお楽しみください!

『Card Shark』とは

陰謀が渦巻く18世紀フランスを舞台に
トランプのイカサマをテーマにしたアドベンチャーゲーム

「Card Shark」

あなたは酒場でこき使われている口のきけない青年だったが、「サンジェルマン伯爵」と名乗る男に出会い、とあるイカサマの手伝いをしたことから彼とフランスを旅することになる。

道中でバリエーション豊かなイカサマを学び、対戦相手を欺き、勝敗をコントロールして大金を手に入れよう。そうして、さらなる高レートのテーブルを目指すうちに、このフランスに隠された企みが明らかになっていく…。

楽しむ前にアドバイスをひとつ。「決して捕まらないこと」

ギャンブラーたちは詐欺師にかける慈悲を持ち合わせてはいない。

「Card Shark」
「Card Shark」

ゲームの特徴

さまざまなトリックをマスターしよう

アレンジ、インジョグ、フェイク・カット、セカンド・ディール…イカサマを成功させるための技術を教わり、自分のものにしよう。いかなる状況でもスムーズに行えるように練習も必要となるだろう。ギャンブラーたちを前にして疑わしい動きは命取りになるからだ…。

色鮮やかに描かれる18世紀のフランスを渡り歩こう

『Reigns』のチームと、『Pikuniku』の開発者により生み出された、きらびやかで怪しげなフランスがあなたを待ち受けている。そして、美麗なビジュアルアートと、オーケストラが奏でる楽曲。独自の表現にあふれた世界をトランプと共に味わい尽くそう。

「Card Shark」

『Card Shark』詳細

【デベロッパー】Nerial について

『Reigns』シリーズを生んだイギリスの独立系ゲームスタジオ Nerial。2020年に『Pikuniku』の開発者 Arnaud De Bock をチームに加えて、本作『Card Shark』の制作を行いました。2021年には Devolver Digital グループの一員となり、スマートフォン、PC、コンソール向けのストーリーを重視したゲーム開発をしています。

公式サイト: https://www.nerial.co.uk/

【パブリッシャー】Devolver Digital について

世界中のインディーゲームファンから熱い信頼と注目を集める Devolver Digital。『Trek to Yomi』『Inscryption』『Loop Hero』『Katana ZERO』『Serious Sam 4』『Enter the Gungeon』など、個性的で良質なデジタルコンテンツを配信しているゲームパブリッシャーです。作品を探し求め、世の中に伝え広め、公正な価格帯を提示し環境を整えることで、世界中のアーティストとそのファンをサポートし続けています。

公式サイト: http://www.devolverdigital.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームは『Enter the Gungeon』『Overcooked®シリーズ』『Dead Cells』『Hollow Knight (ホロウナイト)』『Eastward(イーストワード)』『Inscryption』『Sifu』など200以上のタイトルをサポートしてきました。架け橋ゲームズは Devolver Digital の日本国内およびアジアの公式窓口です。

公式サイト: www.kakehashigames.com
Twitter: @kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.