Ship Simulatorシリーズ最新作「Ship Simulator Extremes」のプレイ映像が公開、水が凄い

2010年9月1日 12:54 by katakori
sp

8月28日にParadoxからリリースされたShip Simulatorシリーズの最新作「Ship Simulator Extremes」、今作は南極からポリネシアのボラボラ島まで様々な地域の海を舞台に、運行や救命ミッションなどが登場、ホバークラフトから巨大タンカー、豪華客船まで様々な船を操る事が可能な船マニア垂涎のタイトルとなっています。

今回は新たに公開されたプレイ映像をお届け、開発を担当したVSTEPによる脅威的な水面や環境の表現と共に、シミュレータらしい船舶のUIなどが確認できる内容となっています。先日お知らせした解体業シミュレータにも通じる若干過剰な”何か”が強烈な説得力を持った魅力的なタイトルとなっています。波が凄い!

PAXにて1UPが「Deus Ex: Human Revolution」の公開イベントを開催

2010年9月1日 12:33 by katakori
sp
「Deus Ex: Human Revolution」 デウスエクス

いよいよシアトルで現地時間3日から開催されるPAX Primeにて、1UPが「Deus Ex: Human Revolution」の公開イベントを開催する事が明らかになりました。イベントには1UPのスタッフ6名と共に新Deus Exのコミュニティマネジャーを務めるKyle Stallock氏とリードストーリーデザイナーのMary de Marle氏が登壇するとの事。

イベントの開催は現地時間で9月3日の午前10時から12時までとなっており、内容についてはまだ明らかにされていません。一体何が行われるのか、続報をお楽しみに!

情報元及びイメージ:1UP

「Battlefield Bad Company 2」Ultimate Editionのトレイラーが公開、リリースは9月3日

2010年9月1日 12:08 by katakori
sp

先月半ば頃から海外の小売サイト等にリスト入りが発見されていた「Battlefield Bad Company 2」のUltimate Editionのトレイラーが公開、4人Co-opを可能にするDLC”Onslaught”とダウンロードタイトルとしてリリースされたWWIIシューターの”Battlefiled 1943″を同梱し、さらに6種のビークルに車両用外装とサブ武器、M1A1サブマシンガン、ガバメントM1911、追跡用の”Tracer Dart Pistol”が利用可能になっています。

9月3日リリースとなるUltimate Editionの対応プラットフォームはPS3とXbox 360のみで、価格は据え置きの59.99ドルとなっています。

情報元:VG247

「Brink」のデベロッパーズダイアリーが登場、超写実的なトゥーンスタイルグラフィックに言及

2010年9月1日 11:39 by katakori
sp

Splash Damageが開発を進めているBethesdaの新作シューター「Brink」、先日さらなるブラッシュアップとバランス調整の為に2011年Q1への延期が明らかになった本作に、新しいデベロッパーズダイアリーが登場、他に類を見ないユニークなデザインが特徴的な本作の”超写実的なトゥーンスタイルグラフィック”にスポットを当てた物になっています。

映像ではフェイシャルやモーションキャプチャーやキャラクター制作の様子と共に、本作の舞台となる海上都市のモチーフとなったサンディエゴの近代建築や、ブラジル南東部の都市リオデジャネイロのファベーラと呼ばれる住宅密集地などのイメージなどと比較し、本作の色彩設計やリアルさの実現について解説が行われています。

Splash DamageのボスPaul Wedgwood氏は今回の延期について新しい要素の追加は行わず、ひたすらバランス調整と既存システムのブラッシュアップに専念する事を明言し、本作を年単位で長くプレイヤーにプレイされるタイトルに仕上げたいと語っています。マルチプレイが主体となるシュータータイトルにQTE要素を盛り込み、恐ろしく豊富なカスタマイズ要素を実現している本作、リリース時の仕上がりに期待です。

情報元:VG247

新生「Mortal Kombat」がPAX Primeにプレイアブル出展、ディスターブドがマッチする新トレイラーが公開

2010年9月1日 10:54 by katakori
sp

原点回帰と共に正気の沙汰とは思えない残酷表現で注目の集まる新生「Mortal Kombat」、歴代シリーズの制作を手掛けるEd Boon氏がIGNのインタビューに登場し、今週末から開催されるPAX Primeの出展準備を進めている事を明らかにしました。

PAXでは新ビルドのMortal Kombatがプレイアブル展示され、gamescomで存在が明かされた”Kitana”と”Cyrax”も使用可能な状態になっているとの事。

インタビューでは今作から遊び始める新しいプレイヤー達に向けたバランス調整を進めている事や、大きな成功を収めたストリートファイターIVにも見られた回帰的な進化が良い物であった事などを挙げ、新生Mortal Kombatの目指す方向性などについて、新しいプレイヤーに受け入れられつつも、スーパーハードコアプレイヤー達も今まで通りのプレイを楽しむ事が出来るゲーム性の深さを実現する旨を明らかにしています。

さらにEd Boon氏は文字に起こす事すら躊躇われる新しいKung LaoのFatalityの様子を事細かに説明、詳細は省きますが……どういったプロセスで人体をバラしていくかを順を追って解説した氏は「これが3Dだともっとクールなんだよ」と発言しています。いやいや……あんたまさか立体視対応させる気なのか!なお、今の所この一言だけで詳細は語られていません。PAX Primeの続報をお楽しみに。

なお、PAXに先駆けて新トレイラーが公開、今回はグロさ控えめにThe Sicknessの大ヒットで知られるアメリカのディスターブドの楽曲が見事にマッチしたトレイラーが公開されています。

情報元:VG247

映画「BioShock」はまだ制作中、Ken Levine氏がインタビューで明らかに

2010年9月1日 10:14 by katakori
sp
「BioShock」 映画

映画化の話が持ち上がって随分時間が過ぎた「BioShock」、先日にはIrrational Gamesによる”BioShock: Infinite”も発表され再び注目を集めているBioShockフランチャイズですが、映画の方は昨年8月にパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズで知られるゴア・ヴァービンスキー監督がプリプロ段階でお金を使いすぎて降板、”28週後…”を手掛けたファン・カルロス・フレナディージョ監督に新たなバトンが渡されて以降続報が聞かれない状態が続いていました。

そんな中、先月30日にIrrational Games率いるKen Levine氏が106.7 The Fanのインタビューに登場、映画版Bioshockの進捗について、現在も制作が続けられている事を明かしながら、公開に至るかどうかまだ確かでないと語りました。氏は映画制作の難しさと複雑さについて述べつつも、Irrational Games自らも積極的に議論を交わしている事をアピールしています。

また氏は映画版Bioshockがゲームが有した美学に忠実で、見た人の心を動かさずにおかない映画になるだろうとコメントしています。

情報元及びイメージ:GameInformer

続報: ひねると形状が変化する新d-padを備えたXbox 360の新コントローラーが11月発売、価格は64.99ドル

2010年9月1日 9:55 by katakori
sp
「Xbox 360 コントローラー」

昨日Xbox 360コントローラーの方向キー部分である”d-pad”が改善された新しいコントローラー登場の噂をお知らせしましたが、昨晩Xbox公式サイトにて正式に発表が行われ、方向キー部分を捻るとベース部分の高さが上下に可変する事で、従来の円盤型の”disc”フォームと所謂十字キーとして機能する”plus”フォームが選べるギミックを実現したワイヤレスコントローラーである事が明らかになりました。

さらにボタン色にも変更が加えられ全体がシルバーグレーの外観に統一された新コントローラーの発売は11月9日、現在発表されているのはPlay and Charge Kitのバンドルモデルのみで、価格は64.99ドルとなっています。なお、早速お馴染みのメジャー・ネルソンが新コントローラーの可変ギミックの様子を動画で紹介してくれています。

「Xbox 360 コントローラー」
「Xbox 360 コントローラー」

(続きを読む…)

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.