「Valiant Hearts: The Great War」

先日、Ubisoftのデジタルタイトルラインアップ発表を経て、鮮烈なお披露目を迎えたUbisoft Montpellierの新作「Valiant Hearts」ですが、昨晩Eurogamerが本作のインタビュー映像を公開しパズルとプラットフォーマーを主体とする興味深いゲームプレイ映像が登場しました。

また、発表以降、Ubiblogを始めとする海外メディアがプレビューを公開しており、本作のプロットやゲームプレイに関する幾つかのディテールが判明しています。今回はこれらの新情報と映像に加え、本作が誕生するきっかけとなったプロデューサー兼オーディオディレクターYoan Fanise氏の曾おじいさんが第一次世界大戦中に残した手紙とドッグタグを紹介するインタビュー映像をまとめてご紹介します。

ゲームプレイが収録されたEurogamerのインタビュー映像
  • Valiant Heartsのリリースは2014年予定で、対応プラットフォームはPS3とPS4、Xbox 360、Xbox One、PC。ストーリーの概要については前回の記事でご確認を。
  • PS4版では、Dualshock4のタッチパッドを利用し、主要キャラクターの1人である犬をなでることが可能。なお、Xbox One版では口笛を吹けば犬が追従するようなKinect利用の実装も視野に入れられている。
  • デモ映像に見られたフランス人捕虜エミールのプレイシーンは1915年3月のNeuve-Chapelleを舞台にしたもので、彼はドイツにいる義理の息子を捜している。なお、この義理の息子がプレイアブルキャラクターの1人カールで、彼が恋い焦がれる妻マリーがエミールの娘でもある。(※ なお、1915年3月のNeuve-Chapelleは、イギリス軍がフランス北東部の村ヌーヴ・シャペルに存在したドイツ軍の鉄道通信施設を襲撃した奇襲戦を示している)
  • 国籍が異なる5人のキャラクターの運命を引き合わせる“犬”の名前はまだ決まっていない。
  • プレイアブルキャラクターの1人で、強運の持ち主であるアメリカ兵ラッキー・フレディは、死んだ妻の名の下に戦う志願兵で、彼は第一次世界大戦でフランス軍と共に戦った黒人青年達により構成される369歩兵連隊(“Harlem Hellfighters”として知られる)にインスパイアされ誕生した。
Yoan Fanise氏が曾おじいさんの手紙とドッグタグを紹介する貴重なインタビュー
再掲:先日公開されたエモーショナルなアナウンストレーラー

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.