Inertial Motion Capture

gamescom 2009において、ドイツのゲームポータルなどを手掛けるBigpoint、同社は現在PoisonvilleというMMOを開発中ですが、そのアニメーション技術にオランダのXsens社のモーションキャプチャー技術を採用したことを発表しました。

いずれもあまり耳にしない事ばかりですが、このXsens社のモーションキャプチャー技術が一風変わっており、MVNと呼ばれるこのシステムは、通常イメージする大がかりなスタジオやセンサーを初めとする光学装置、そしてカメラも必要としない新しいモーションキャプチャー技術で、スーツにいくつも内蔵された加速度センサーとジャイロによってモーションをデータ化、さらにデータをBluetoothで無線通信できるという優れもの。

当然予算や製作スピードもかなり効率的になるようで、BigpointのHeiko Hubertz氏は「非常に短いスケジュールの中で現実的なモーションを作成することができた」と述べています。Xsens社のMVN技術はEAやソニー・ピクチャーズなどにも供給されているそうです。

情報元:Develop ,イメージ:Xsens
QuakeCon 2009

このページでは8月13~15日までテキサス州のGaylord Texan Resortとそのコンベンションセンターで開催されたゲームショー、QuakeConの関連情報のまとめを掲載しています。
まとめ詳細は(続きを読む)よりご覧ください。 (続きを読む…)

gamescom 2009

このページでは今月の19日から23日までドイツのケルンで開催されているゲームショー、gamescomの関連情報のまとめを掲載しています。今後更新される情報も随時追加していく予定です。
まとめ詳細は(続きを読む)よりご覧ください。 (続きを読む…)

第二次世界大戦中のパリを舞台に繰り広げられる一人の男の戦いを描いたアクションゲームThe Saboteur、シンシティっぽい色遣いが印象的で様々派手な仕上がりになっていますが、ステルス要素の高いTPSとなっています。

The SaboteurはPandemic Studiosが開発中で、リリースは12月8日、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、PCとなっています。

情報元:Shacknews
30秒くらいに何かでかい奴がちらっと…

gamescon 2009で大量にプレイアブル展示されたDiablo IIIの模様です。非常に滑らかな動作をしている様子やインベントリのUIなどが確認できます。

なんというかナポレオン様の肌がものすごい……

gemescon 2009においてSEGAがCreative Assembly社が開発を進めているTotal Warシリーズの最新作「Napoleon: Total War」のリリースを発表、トレイラーを公開しました。Total Warシリーズは大規模戦に特化したリアルタイムストラテジーシミュレーションゲームで、これまでに4作品がリリースされています。

タイトルの通り今回はフランス第一帝政の皇帝ナポレオン1世に焦点があてられた物で、若き英雄として名を馳せたエジプト遠征、運命的なモスクワへのロシア遠征、そしてプロイセン軍とイギリス・オランダ連合軍との戦いで滅亡へと走るワーテルローの戦いがキャンペーンとして描かれています。

リリースは2010年2月の予定で、対応プラットフォームはPCとなっています。

情報元:FRAGLAND
Rage

現在開催中のgamescom 2009でナムコが行ったプレスカンファレンスにおいて、ウクライナのGSC Game Worldが開発を手掛けるシリーズ最新作「S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat」のパブリッシャーを務める事が発表されました。

最新作のストーリーはS.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobylから続く物となっており、前作Clear Skyで誕生の過程が明かされたZONEが今度はどのように描かれるのか、非常に楽しみです。

異国情緒溢れる映像、相変わらずのパーフェクトな町並具合!開発がかなり進んでいる事が伺えます

今回は政府軍側からチェルノブイリ原子力発電所跡の調査を依頼されるという流れになっており、タイトルにもあるように残念ながらClear Skyでは訪れる事の出来なかったPripyatの町並をたっぷりと楽しむ事ができるようです。また今回はYanov駅やKopachi村も再現されているとの事。果たして今回のマー君はどのような登場を果たすのでしょうか。

S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyatは2009年11月にPCでリリース予定となっており、現状ではヨーロッパ地域以外のパブリッシングについての詳細は不明となっています。

Rage
Rage
情報元:Joystiq, イメージ:Blue’s News
Dungeon Keeper

以前お知らせした、ポピュラスやダンジョン・キーパーなどの過去のBullfrog作品をElectronic Artsがリメイクのタイミングを伺っているとのニュースですが、本日EAによりダンジョン・キーパーの商標登録が行われた事が明らかになりました。

登録は同名で2種類行われており(登録内容1登録内容2)、何らかの広い展開が予定されているのでしょうか。また、二つ目の登録内容からはダウンロードコンテンツである可能性も読み取れます。

いずれにしてもいよいよBullfrog作品の復活が現実的になってきたのでしょうか、続報が楽しみです!

情報元:TheSixthAxis
AVP

今回はSEGAからリリースされる事になったAVPシリーズの最新作Aliens vs Predator、現在開催中のgamescon 2009にも出品されており、新しいスクリーンショットが公開されました。

Aliens vs. Predatorは海兵隊員、エイリアン、プレデターの三種族それぞれプレイが可能で、種族ごとに攻撃能力やUIまで大きく変化するユニークなゲーム性を備えたFPSです。なお、リリースは2010年の2月となっており、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、PCとなっています。

AVP
AVP
AVP
AVP
情報元:GameSlave

当初9月発売の予定が他社との競合回避を理由に延期されていたDark Voidの発売日が北米で2010年1月12日、ヨーロッパでは2010年1月15日に決まりました。gamescon 2009では新トレイラーも登場、さらにブラッシュアップされた様子がうかがえます。またプレイ映像も公開されておりこちらも非常に美しい楽しそうな仕上がりになっています。

サードパーソンビューアクションのDark Void、対応プラットフォームはPS 3、Xbox 360、PCとなっています。

情報元:IGN

Just Cause 2の壊しまくりな映像が登場、楽しそうな映像に仕上がっています。新フューチャーの挙動も見られ、乗り物の上で戦うRicoの姿が!相変わらずフックもパラシュートも冴えています。映画化の話も聞こえている同タイトル、Just Cause 2は2010年リリースの予定となっています。

情報元:Joystiq

現在開催中のgamescomにおいてFuncomは同社が運営するファンタジーMMO Age of Conan :Hyborian Adventures初の拡張パック「Rise of the Godslayer」を発表しました。

Rise of the Godslayerでは、アジア諸国の様な雰囲気のキタイ帝國へと派遣されたプレイヤーが冒険を繰り広げる事になります。同拡張パックでは新しいストーリ-や広大な世界の探検だけではなく、新しい派閥システムの導入等、様々なシステムの拡張が行われています。

Age of Conan

キタイ帝國での冒険では新しい派閥システムが重要なようで、派閥を選択し、そのランクを上げていくことで装備等の報償を得る事ができるようになっています。さらに拡張パックのスタートにはこれまでのキャラクターに新しいコンバットアビリティーやスペルを習得させて冒険を始めるか、まったく新しくキタン人のキャラクターとして始めるか選択できるようです。

Age of Conan

さらに新しくスクリーンショットにも見られる騎乗生物なども盛り込まれています。彼らも成長要素を持っており育成が楽しめるとの事。

さい先の良いスタートを切ったAge of Conanでしたが、サービス開始以降のコンテンツ不足等で順調とは言い辛い苦戦を強いられています。現在は拡張パックの開発も進めながら、多言語対応にも力を入れており、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ポーランド語、韓国語への対応を進めているそうです。残念ながら日本語はまだ計画にはないようです。

さらに今回のgamescomではプレイアブルで出展されており、一矢報うべく戦うFuncomの執念とも言える気合いが感じられます。Funcom頑張れ!

情報元:MCV, イメージ:GamersHell.com

先日のgamescomにおいて行われたEAプレスカンファレンスでMass Effect 2の新映像が公開されました。トレイラーでは未発表映像とともに新しいパーティメンバーとなるKrogan族のGruntが登場、ゲーム内で活躍する様子が描かれていました。

Mass Effect 2

Mass Effect 2

Gruntは暗殺者のThaneに続く2番目の新パーティメンバーで、今後さらに詳しいキャラクター達のディティールが発表されるとの事です。また、映像の最後にはDragon Age:Originsのコレクターエディションの予約特典にDLCとして付属されるBlood Dragon Armorのイメージも明らかになりました。

Mass Effect 2

Mass Effect 2は2010年の初めにリリース予定で、対応プラットフォームはPCとXbox 360となっています。

情報元:Gameinfowire.com, イメージ:VG247,Hellforge
gamescom

いよいよ始まったgamescomのプレスカンファレンス、前半を逃してしまいましたが……カンファレンスのトピックを簡単にお知らせしていきます。 (続きを読む…)

DUST 514

先ほどお伝えしたCCPの新作「DUST 514」のニュースですが、早速新情報が明らかになってきました。

CCP GamesのCEOを務めるHilmar Veigar Petursson氏は大人数参加型のMMOFPS「DUST 514」をマルチプラットフォームに向けてリリースする事を発表しました。

DUST 514はEVE Online上の経済システムと直結されており、双方のタイトルの状況がCCP Gamesが構築している経済システムに影響を与えるとの事。EVE OnlineのプレイヤーがDUST 514のプレイヤー達に資金提供を行ったり、DUST 514側の戦況がEVE Online上の惑星コントロールに影響を与えたりと想像しただけでワクワクするような内容となっています。

DUST 514

発表では映像によるプレゼンテーションも行われ、戦闘機に囲まれた宇宙ステーションの管制室の映像から、惑星地表でのFPS視点へとクローズアップ、戦場では戦車や飛行機などの乗り物も確認された様です。

しかしこれがマルチプラットフォームでリリースされるというのが素晴らしいですね。間違いなく今後の続報に要注目のビッグタイトルと言えそうです。

DUST 514

いつも淡々と冷静なニュースをクレバーな感じでつぶやいているDevelopのTwitterが「うー!」とか「おー!」とか壊れていて何事かと思いきや、CCP Gamesが今月に入って商標登録を行った”DUST 514″のプレゼンテーションを見ている様子。

Twitterの発言では明らかに興奮した様子で以下の様に伝えています。

※ こちらが原文です:ooh ooh ooh – video announcement!
おおおおお!映像アナウンスきた!

it’s in space….
う…宇宙…

..a first-person shooter??
FPS??

holy crap…looks brilliant
なんてこったまじか……輝かしい

‘DUST 514’ is the name – looks very Halo.great feeling of warzone
DUST 514が名前、Haloっぽく見える、warzoneみたいな雰囲気だ

backstory to the ‘cloned’ soldiers coming in an upcoming EVE book
舞台背景はEVEにクローン化された兵士たちがやってくる

it’s a massively multiplayer game that ‘connects’ to the EVE universe.
EVEワールドに繋がる大人数参加型のマルチプレーヤーゲームだ

EVE players fight in space…Dust 514 players fight on the ground…
EVEプレイヤーは宇宙で戦うが、Dust 514プレイヤーは地表で戦う……

both feed together to dictate control of systems in EVE universe.
それぞれがEVEワールドのシステムへ影響されるもの

Been in development for three years at CCP’s Shanghai studio…woah.
CCPの上海スタジオで3年間開発にあたった……ワオ!

and that’s it…talk over…everyone is buzzing!
そんな感じ、プレゼンテーションが終わった……みんながざわざわ噂してる!

what an amazing demonstration.very, very excited.
なんつうアメージングなデモ!まっじで超燃えた。

とTwitはここで終わり、ランチタイムに突入した模様。

EVEの素晴らしさは確かに比類ない強固な物で、話に見られたEVEユニバースへの影響というのが、EVE独特の経済システムなどへの複数タイトルからの影響だとすれば、非常に画期的なシステムと言えます。もともと映像に関しても非常に美しい物を作り続けてきたCCPがFPSを作るとなったら……と考えると続報が楽しみです!

30分前くらいの出来事なので詳細等まだ判りかねますが、続報及び新情報ありしだい改めてお知らせいたします。

情報元:developonline

CryEngine 3の話題が続きますが、今度はPS3上で動作しているCryEngine 3のデモ映像が公開されました。正直なところアメージング!としか言いようのない素晴らしい映像に仕上がっていると思います。動作も非常になめらかに見えますね。

映像では物理演算の様子や美しい水面の表現、さらにはパララックス・オクルージョン等もしっかりと効いている様子がうかがえます。しかしこうなると早く直撮りではない映像が見たいものです。

情報元:GameVideos
参考:GDC発表時のデモ

昨日17日、gamescom 2009の開催に先駆けて行われたデベロッパーズカンファレンスにおいて、CrytekのCevat Yerli氏が「ゲーミンググラフィックスの未来」という演題で講演を行いました。
(同氏により行われたCryEngine 3のデモについてはこちらを参照下さい) (続きを読む…)

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその104
「いいえ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.